石榮丸 2トンバンにラッピング、渦潮トラック出陣へ

【トピックス】

 

 【兵庫】その「渦潮トラック」が完成したのは早朝7時58分、大阪府北部を震源地とする震度6弱の地震が発生した6月18日だった。「翌19日は当社を設立して丸12年というタイミング。いずれも忘れられない出来事になった」と石榮丸(南あわじ市)の濱本勇社長。



同市と徳島県鳴門市の間に位置している鳴門海峡の「渦潮」は、春と秋の大潮の時期には直径が約20mに達するものが見られるなど、世界でも屈指の大きさとされている。先には渦潮世界遺産推進フォーラムなども開かれており、地元を挙げての世界遺産登録に向けた活動が続けられている。



「あちこちを駆け回るのがトラックの仕事であり、車体にペイントすることで多くの人の目にも触れる。トラック業界として全面的に応援していきたい気持ち」と同社長。



ラッピングの施工は同じく運送会社でもあり、オートボディープリンターを使った車体ペイントを手掛ける淡路共正陸運(尾上昌史社長、洲本市、略称AKC)のマーキングシステム事業部が担当。「同社の手厚いサポートを受けられたことに感謝している」と話す。



ボディー3面いっぱいに渦潮が描かれた2㌧のバン車。すでに島内での集荷業務などに駆け回っている。

 

辻本運送 ラッピングトラックで天理市の魅力発信へ

【トピックス】

 

【奈良】辻本運送(辻本廣行社長、天理市)は6月25日、天理駅前広場「コフフン」の写真をラッピングしたトラックの披露式を行った。天理市の魅力を全国に発信することが目的。2015年10月に最初のラッピングトラックが導入されており、今回は2台目となる。ラッピングの対象となった「コフフン」は、古墳を想起する野外ステージや大型遊具、カフェや観光案内などの機能を備え、イベントの開催や観光・ものづくり、農業情報の発信、近隣住民の憩いの場として市民に活用されている。

 

市長表敬では、並河健市長が「宅配をはじめ、荷物は届いて当たり前と思われているが、物流は人間に例えると血流と同じ。途絶えてしまうと、たちまち暮らしに困る」と物流の重要性について述べた。

 

辻本社長は運送業界の社会的地位について、「災害時に緊急物資輸送支援などを行うと多くから感謝されるが、普段は、物流業の価値は低く捉えられている。ラッピングトラックが走ることで、物流業と天理市の魅力をPRできれば」と語った。



なお、ラッピングされた「コフフン」の画像は写真家の太田拓実氏によって撮影されている。

 

◎関連リンク→ 株式会社辻本運送

 

宮田運輸 9月にこどもミュージアムフェスタ開催「感謝をこめて」

【トピックス】

 

やさしさや思いやりの気持ちを育み、悲惨な交通事故をなくしたいと宮田運輸(宮田博文社長、大阪府高槻市)が取り組み始めた「こどもミュージアムプロジェクト」。年々その取り組みが広がり、現在では賛同企業が60社、200台を超え、車両以外にも会社の壁や自動販売機など幅広く浸透している。

 

今回、この取り組みに賛同してくれている企業への感謝の気持ちを形にするため、9月2日に万博公園お祭り広場で「こどもミュージアムフェスタ」を実施する。

 

営業管理部の後藤昌代部長は「賛同していただいている企業の皆様に感謝し、さらに1人でも多くの方に取り組みを知ってもらえるようにフェスティバルをすることになった。初めての取り組みで、すべてが手探りで進めているが、そこでも様々な人がやさしい気持ちで協力してくれることに感謝している」と話す。

 

同フェスティバルは、安全教室やキッチンカーを使用した料理体験、コンクール発表会など様々なイベントを設けている。

 

「我々だけで成り立っているわけではなく、賛同してくれている皆様のおかげだと感じている。その中で初めての取り組みを皆さんと協力してやり切りたい」と意気込みを語る。

 

死亡事故をきっかけに始めた同社のラッピング事業が、現在では様々な形で波及している。その思いをさらに広げるために大きな取り組みを今回実施し、周知を図ることで悲惨な事故をなくしていけるのかもしれない。

 

なお現在、7月31日までこどもミュージアムコンクールの絵を募集している。詳しくは「こどもミュージアムフェスタ2018」で検索。「地域などは決まっていない。1枚でも多くの絵を集めたいので興味のある方は、ぜひ応募してほしい」とコンクール作品の募集も呼びかける。

 

◎関連リンク→ 株式会社宮田運輸

 

マイシン ラッピングトラック出発式「プロ運転者の誇りを持って」

【トピックス】

 

【愛知】「ひまわり便」のマイシン(辻直樹社長、豊橋市)は5月28日、宮田運輸(宮田博文社長、大阪府高槻市)が主催する「こどもミュージアムプロジェクト」のラッピングトラック出発式を実施。宮田社長も出発式に参加し、同社のプロジェクト賛同に感謝を示した。

 

開会のあいさつで辻社長は「担当するドライバーの方は子供に恥じない、プロドライバーとしての誇りを持って無事故無違反で頑張ってもらいたい」と述べ、続いて発起人の宮田社長が「マイシンの人を大切にし、トラックを大切にする企業風土に感動した」と呼びかけた。

 

同社が今回参加することで、60社目のプロジェクト賛同企業となり、導入した3台のトラックでプロジェクトの合計車両が190台を達成した。

 

トラックの後方部分に、同社ドライバーの子供たちが描いた絵が施工され、大きなひまわりの絵とともに、他のドライバーや歩行者に「やさしさ」と「安全運転」を伝えていく。

 

◎関連リンク→ 株式会社マイシン

 

ジェイネクストロジと大阪芸大 産学連携プロジェクト、ラッピング2号車完成

【トピックス】

 

「南河内郡からはじまる産学連携」「ふたつの力が南河内郡を全国に」と掲げ、一昨年4月にスタートしたジェイネクスト ロジスティクス(山田純司社長、大阪府南河内郡太子町)と大阪芸術大学(同郡河南町)による産学連携プロジェクト。その第2弾となるラッピングトラックがこのほど完成した。物流をイメージしたラッピングのデザインを学生が制作し、自身の作品をプレゼンテーションする段階も経験しながら進めるコラボレーション企画。2号車も前回と同じく、大型トラックのボディーに直接プリントするシステムが採用された。

 

第2弾は昨年4月14日に始動。デザイナーを志望する大阪芸大デザイン科の学生らを前に、前回採用されたトラックのデザインや、そのコンセプトなどが説明された。同7月7日には学生らが同社を訪ね、実際にトラックを触るなどしてデザインのイメージを膨らませた。現地には昨年の最優秀作品をラッピングした大型トラックも展示され、「車体の大きさに少し驚く様子も見られたが、積極的に写真を撮影し、質問も受けるなど熱意を感じた」と山田社長。

 

前回は「デザイン化するうえでテーマが必要。物流というと馴染みが薄い感もあるだけに、学生らのイメージはどんなものかという好奇心みたいなものもあった」と同社長は話していたが、出されたデザイン案は「スピード感」「人のつながり」「田舎と都市をつなぐ」「春夏秋冬」など生活に欠かせないライフラインを連想させるものが目立った。約30点が集まった今回もさらに個性的で、色合いもカラフルな作品が並んだという。

 

同12月1日に1回目、今年1月19日に自身の作品を携えて最終プレゼンに臨んだ学生からは「物流のイメージや、しっかりとした作品のコンセプトを聞かせてもらうことができた」(同)。その後、社内の担当者らによる選考で5~10点に絞り込んだうえ、最後は管理職全員による投票によって同2月13日に最優秀1点と優秀2作品が決定。前回に続き、女子学生の作品が採用されることになった第2弾のラッピングトラックのデザインは「だまし絵のようになっていて、ユーモアとトリックを織り交ぜた楽しい内容。ボディーの左右で配色がまったく異なるのも特徴的で、一方が都会、反対側は田舎をイメージしており、双方を物流がつなぐ印象を受ける」(同)と説明する。

 

062605.jpg



また、今回も初代のボディーと同様に、巨大なプリンターがトラックの車体へ直に印刷するタイプを採用。作業は淡路共正陸運(尾上昌史社長、兵庫県洲本市)のマーキングシステム事業部が管理する同県南あわじ市の工場で進められた。波状の素材が使われることも多いウイングなど凹凸や湾曲した部分にも印刷できる同工法は、フィルム代や加工賃、張り付けの手間が省けるなど従来の方法に比べてコストが安いうえ、特殊液を使って消すことで何度でも書き換えできるのが最大のメリットだ。



062606.jpg

 

4月中旬に完成したラッピング2号車は翌月10日、同社に納車された。翌11日には最優秀作品を制作した辻佳代子さんらを招き、同社で表彰式が行われた。「自分が考えたデザインが実際に形となり、トラックに描かれて全国を走るというのは学生にとっても極めて貴重な経験になる、との評価を大学側から得ている。就職活動の一助になったという声もうれしい」と同社長。南大阪エリアに向けた地域貢献と、未来にはばたく若者らの可能性を支援する活動を今後も継続する考えだ。

 

◎関連リンク→ 株式会社ジェイネクスト ロジスティクス

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア