伊井運輸 デザインローリー導入、三者でタイアップ

【トピックス】

 

【三重】伊井運輸(伊井雅春社長、三重郡川越町)はコスモ石油四日市製油所、四日市市とのタイアップでデザインローリーを導入。9月20日にそのお披露目式を行った。



「地域と密着してのデザインが入った車両は、全国のコスモ石油としては初めての取り組み」というそのアイデアが持ち上がったのは今年の6月頃のこと。それからのおよそ3か月間、三者間で重ねた協議は実を結び、今回導入の運びとなった。選ばれたデザインは四日市のコンビナート群をバックに「四日市きっと来たくなる」の文字が大きく踊る仕様で、また「コスモ石油は『コンビナート夜景のまち』四日市市を応援しています」とのメッセージも添えられている。



通常のデザイントラックとの違いはローリーならではのその形状。曲面状に沿った形で施されたラッピングはデザインに立体感をもたらし、今回描かれているコンビナート群の風景にもマッチしているように思える。



「地元への思いが一番強い。担当者にも四日市のドライバーを充てた」と今回の取り組みに対して心情を語る伊井社長。今後3台まで同仕様のローリーを導入予定とのこと。



◎関連リンク→ 伊井運輸株式会社

 

システム物流 2台目のプリントトラック導入、メッセージ性のあるデザインに

【トピックス】

 

【三重】システム物流(増野宰社長、四日市市)はこのほど、プリントトラックを導入し、運行を開始した。



施工は裕進運輸(渡部裕之社長、三重郡菰野町)グループであるモバイルアドが担当し、今回で2台目の導入となる。



増野社長は安全面を含めたドライバーの意識向上や、「声をかけられる機会が多くなった」という存在感など、プリントトラックのもたらす波及効果を実感しているようで、「3台目も検討している」の言葉からは手応えのほどがうかがえる。



実車を確認すると、目に飛び込むのはハンドルを握るドライバーの手元が大きく映し出された印象的なデザイン。鮮やかな青の中に浮かぶ姿は、どこか安心感を感じさせるもので、「最初は遠慮していた担当ドライバーも、実車を見ると『乗りたい』という意識に変わった」という話からもわかるように、メッセージ性を備えたトラックには、人を動かす何かがあるようだ。



社長は同デザインについて、「ハンドルを握るということは、仕事に対して、また家族に対しても大きな責任が伴う。ドライバーにはその覚悟を持ってもらいたいということと、同時に我が社の責任感もそこには表れている」とコメント。トラックという「媒体」の持つ「発信力」にあらためて気付かされると共に、プリントトラックの奥深い可能性についても再認識させられる。



「やがては社員が誇りを持てるような会社にしたい」と語る増野社長。今回の動きと併せて社員満足度に軸足を置いた社内の環境整備を推進していく意向も示しており、「和を大切にしている」という自身の言葉の通りに、結束力を着実に強めている。



◎関連リンク→ システム物流株式会社

 

セイコー運輸 ロゴをラッピング、グリーン経営PRに協力

【トピックス】

 

 【鹿児島】セイコー運輸(鳥部敏雄社長、鹿児島市)は9月9日、交通エコモ財団のグリーン経営認証の広報活動に協力し、同認証取得後10年継続した永年登録表彰事業者のロゴマークを冷凍車とウイング車の2台にラッピングした。



◎関連リンク→ セイコー運輸株式会社

 

宮田運輸 優しい気持ち広める「こどもミュージアムフェスタ」

【トピックス】

 

【大阪】宮田運輸(宮田博文社長、高槻市)は9月2日、万博記念公園お祭り広場で「こどもミュージアムフェスタ2018」を開催。様々なイベントで会場を盛り上げた。



冒頭、宮田社長は「こどもミュージアムプロジェクトは、子供たちの絵やメッセージをトラックや車にラッピングする企画。5年前の8月30日、自社で起こした死亡事故をきっかけに、悲しい事故を1件でも無くしたいという気持ちで4年前から始めている。1台から始めたプロジェクトが全国の企業約70社が賛同し、215台が全国を駆け回っている。今日は、17社、24台のトラックが集合している。優しい気持ちが未来を創るとの願いをもって絵やメッセージを街中に広めたいという思いが、少しずつ広がってきている。この活動を通じて人の優しい気持ちを思う存分出せる社会にしていきたいと思っている」とあいさつした。



また、こどもミュージアムコンクール表彰では、近畿運輸局長賞、近畿地方整備局長賞、府知事賞、府教育委員会賞、吹田警察署長賞、吹田市長賞、吹田市教育委員会賞、大ト協青年部会賞、こどもミュージアムプロジェクト協会賞など各部門で園児と小学生18人に賞状と記念品が贈られた。



さらに、吹田消防庁音楽隊による演奏や吹田警察署の安全教室、体験テント、キッチンカーなどが出店し子供らを楽しませた。



◎関連リンク→ 株式会社宮田運輸

 

恵武急便 2台目のプリントトラックを導入

【トピックス】

 

【岐阜】恵武急便(山田有恒社長、恵那市)はこのほど、同社では2台目となるプリントトラックを導入。施工は山本急行(山本英史社長、同)が行い、デザインについては提案された複数の中から担当するドライバーが選んだ。



トラックに大きくプリントされた恵武急便のロゴである「K―bu」(写真参照)に関して、山田社長は「この矢印はベクトル。方向性を表している。赤は情熱を、バックの青は冷静さ。そのふたつを携えて、『前向き』に進んでいきたいという思い」を込めたと解説。自社PRとドライバーの意識向上という観点からも有効なプリントトラックの導入についても、社長は「前向き」な理解を示す。



約半分が青く塗られたボディーを見ながら、「最近の流行にも乗って、『半分、青い』んだよ」と笑顔を見せる山田社長。その姿勢は、同社のロゴのように、未来志向だ。



◎関連リンク→ 恵武急便有限会社

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア