ダイワ運輸 SDGsの弾みに、活動評価で推進融資

【トピックス】

 

 【兵庫】ダイワ運輸(木村泰文社長、神戸市西区)はこのほど、SDGsへの取り組みを一段と強化する一環で三井住友銀行による「SDGs推進融資」を受けた。三井住友フィナンシャルグループのシンクタンクである日本総合研究所が独自の視点で企業の取り組み姿勢などを確認し、その結果を踏まえて三井住友銀行が融資を決定・実行するもの。



 日本総研によるフィードバックレポートでは、大きく2つの取り組みについて「SDGsの目標達成に向けた貢献が期待できる」と判断。1点目は、ワイドシングルタイヤの導入やスペアタイヤの撤廃などで車両を軽量化。エコ走行の意識を高めるために「4キロクラブ」という表彰制度を設けているほか、荷主と協働して新規格対応のトレーラシャシー(連結全長17・5㍍)を導入するなど輸送効率を向上。運転席からタイヤの空気圧(温度)が確認できるシステムの採用も評価された。



 もう一つは、ワイドシングルタイヤや100%化学合成オイルの積極採用によって廃棄物を削減。また、新型コロナウイルス感染症の拡大によって経済的に困窮し、修学の継続が困難となった大学生に貸与型奨学金を支給する取り組みも昨年5月に開始しており、こうした活動を通して17あるSDGsの目標のうち「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」「すべての人に健康と福祉を」「つくる責任 使う責任」「質の高い教育をみんなに」の面で貢献すると判断された。



 今回の取り組みで実務を担当した総務部の木村樹美部長は「今後の進め方のヒントがもらえたらと思っていたが、評価をいただきつつ改善点も示してもらった。また、どう広報すればいいかと考えていた部分も、三井住友銀行のホームページ上でニュースリリースしてもらえるメリットは大きい」と話している。



 物流業界で先駆け的にSDGsへの取り組みを宣言した同社は以前から、本社周辺の住民らを巻き込む格好で交流会や新春の餅つきイベントを定着させてきた。また、その売上金を日本熊森協会と地元・玉津第1小学校、神戸市交通遺児を見守る会の3団体に寄贈するなど独自のCSR活動も継続している。



◎関連リンク→ ダイワ運輸株式会社

 

神ト協 トラックデザインコンテストの最優秀賞が決定

【トピックス】

 

 【神奈川】神ト協が主催する「第22回夢を運ぶトラックデザインコンテスト」の最優秀賞ならびに今年から新設された神奈川県知事賞が決定。選ばれた作品は、最優秀賞低学年の部「るり色の海を泳ぐ魚」、最優秀賞中学年の部(神奈川県知事賞も同時受賞)「ヤドカリもステイホーム」、最優秀賞高学年の部「太陽にホエール」の3作品。



 同コンテストは県内の小学生児童を対象として募集。今年度は約2万3000点の応募があった。最優秀賞に選ばれた3作品は、会員事業者が提供するトラックにラッピングされる。



◎関連リンク→ 一般社団法人神奈川県トラック協会

 

日東物流 トラックデザインを刷新

【トピックス】

 

 【千葉】四街道市で冷凍・チルド帯の食品を中心とした運送事業を展開する日東物流(菅原拓也社長)はこのほど、事業用トラックのデザインの刷新を図るとし、2021年8月以降の新車導入分から、順次稼働させていくことを発表。



 同社では、今年4月に経営理念を改定、「ミライを、人で、つなぐ。」をスローガンに、誠実で健全な企業活動を通して、人びとと地域の確かな未来づくりへの貢献を目指している。



 また、この活動を安全・確実に行うため、働きやすい労働環境の整備や乗務員の生活安全向上に向けた取り組みを積極的に行うなど、社会の変化や業界の課題に柔軟に対応している。



 新しい事業用トラックのデザインは、車体全体を真っ白にペイントした上に、コーポレートロゴのみを配したシンプルなものとなっており、今回のデザイン刷新について、同社では、「誠実・健全な事業姿勢とプライド、そして安全や清潔、健康への強いこだわりを表現した」としている。



 菅原社長は、「私たち物流会社と社会との直接的な接点である〝トラック〟とは、私たちの事業活動や理念を社会にお伝えする、〝コミュニケーションツール〟のひとつ」だとし、「今回のデザイン刷新は、これまで以上に、安全に、誠実に、人びとの生活を支えていくことをお約束する、社会へのコミットメントであると考えている」と話している。



◎関連リンク→ 株式会社日東物流

 

SAロジテム あま市観光PRトラックを運行開始

【トピックス】

 

【愛知】SAロジテム(坂本照親社長、あま市)はこのほど、いすゞの大型トラックGIGAにあま市の観光スポットをラッピングデザインし、東海3県での運行を開始した。



これは「地域社会に貢献できる企業を目指す」という同社の企業理念を体現したもので、コロナ禍により低迷する観光需要回復の一助になればとの坂本社長の願いが込められている。ボディーには甚目寺観音や萱津神社、七宝焼アートヴィレッジといった名所の写真が並び、中には坂本社長自ら撮影したものもある。背面は社員の子ども達が描いたポスター画で飾られ、デジタルプリントによるデザイントラックサービスを手掛ける栄進物流(安田隆之社長、愛西市)が施工した。



ハンドルを握るのは、あま市在住のベテランドライバー。将来を見据えて積極的に大型自動車免許を取得したやる気ある姿勢が評価され、指名を受けた。坂本社長は、「地域の看板を背負って安全運行してもらいたい」とコメント。また、「目にした人が検索したり実際に訪れたりして、あま市に興味を持ってくれたら」と観光PR効果に期待を寄せた。



◎関連リンク→ SAロジテム株式会社

 

倉田運送 初のデザイントラック、アニバーサリー号導入

【トピックス】

 

 【大阪】2トン車や冷凍車などを保有し、多種多様の顧客のニーズに対応できるように配送を手掛ける倉田運送(倉田稔明社長、東大阪市)は、今回大型低床ウイング車をアニバーサリー号として導入した。



 同社は、創業30年を迎え、初めてデザイントラックを導入した。倉田社長は、「会社を始めた当初は、お金もなく新車などなかなか入れることができなかっただけでなく、車両にこだわりもなく車両にお金をかけてこなかった。最近色々な経営者と話すようになって、どこにお金をかけていかないといけないかを考えさせられ、デザインを刷新して導入することを決めた」と経緯を話す。



 車両には、会社のロゴである鷹のイメージと太陽と月をイメージしたロゴデザインを側面に大きくデザインされており、「ロゴのイメージは、太陽と月で24時間・365日を表し、鷹は素早く正確に荷物を運ぶという意味を込めてデザインしている」と説明する。



 また、「人材雇用が難しい業界で少しでも色々な人が見て会社に募集をしてくれることを願ってカッコいいデザインにしているので反響があればなおさら導入したかいがある」と話す。



◎関連リンク→ 有限会社倉田運送

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア