シンユウ物流 社員に寄り添う企業へ

【トピックス】

 

 【岡山】「ドライバーがいなければ成り立たない仕事。すべてはリクルートを意識した投資」と一昨年の11月、シンユウ物流(総社市)をM&Aで高瀬ホールディングス(愛媛県西条市)の傘下に加えた当時を説明する髙瀬宏之社長(43)。「会社の顔となるロゴマークやコーポレートカラーがないのでは話にならない」と早速、旧知のデザイナーに制作を依頼。完成した「S」をモチーフにしたシンボルマークと、青と赤紫の2色をグラデーションで彩ったコーポレートカラーは従来、真っ白だった同社のトラックの印象を一変させた。



 「最初から決めていた」という2色は、実は「息子と一緒に見ていた当時の仮面ライダー(ジオウ)を参考にしている」と笑う。シンユウ物流など傘下の実運送3社は昨年、それぞれが2台ずつ〝セノプロ〟の大型トラックを導入したが、さらに今年5月末に1台ずつを追加して計9台になった。インパクトのあるデザインやカラーリングが完成した次の段階は、それを広く浸透させること。当初からSNSで積極的に発信してきたが、5月からユーチューブ投稿も開始。「応募者のほとんどが『(ユーチューブを)見ています』という反応」と手ごたえを感じている。



 中・長距離の一般貸し切りに特化する同社のHPで「社員ファーストを掲げ、社員に寄り沿う企業をめざす」としている。セノプロ・トラックの次の一手として、今秋にはグループ全体で初となる外車トラック(スカニア)をシンユウ物流に導入する。あとの2社は四国を拠点としており、メンテナンス面なども踏まえて手始めに本州で投入。これらすべてを人材確保に向けたチャレンジと位置付けている。



◎関連リンク→ 有限会社シンユウ物流

 

Gライン大阪営業所 社名周知の取り組み、新デザイン車両導入

【トピックス】

 

 【大阪】Gライン(荒牧敬雄社長、福岡県糟屋郡)の大阪営業所では、会社の周知を図るためデザインを刷新した新たな大型車を導入した。



 同社は、約1年4か月前に業務拡大を図るため同営業所を大阪に開設し、4トンウイングゲート車と大型ウイング車で地場・中距離をメインに営業展開をしている。現状、近畿圏では社名が同業他社に周知されていないと感じており、今までの風防とウイング後方に社名を入れたトラックではなく、側面に大きな社名とマーク、会社のイメージカラーである黄色いラインをいれた車両を大阪と本社の福岡県で1台ずつ導入して営業展開をしていく。



 大阪営業所の南拓也所長は「営業などに行くと社名を知ってもらえていないことを痛感してしまう。新たなデザインのトラックで地場の仕事をとり、近畿圏内を走行させることで周知を図りたい」と考えを話す。



 今回の車両のデザインは、荒牧社長が考えたもので、今後営業をしながら評判を見て新デザインの車両を増やしていけるように取り組んでいく考えだ。



 南所長は「2トンから大型車まで、新たなデザインの車両を導入していけるように仕事をしっかりとこなし、営業をしていきたい。今後も長距離輸送も継続して行っていくが、大阪営業所独自の営業展開として働き方改革に対応できるように地場・中距離輸送をメインに仕事を取っていけるように動いていきたい。そのためにも社名を同業他社に知っていただき、4㌧ゲート車や大型車の仕事の依頼をもらえるように取り組んでいく」と意気込みを話す。



◎関連リンク→ Gライン株式会社

 

創運システム 新車導入でモチベーションアップ図る

【トピックス】

 

 【埼玉】創運システム(春田将平社長、加須市)では、コロナ禍で新車を導入し、ドライバーのモチベーションアップを図っている。



 今回導入した新車は、いすゞのギガだが、ディーラー担当者から「このカラーリングは関東で初めて、いや、全国で初めてかもしれない」と言われるほど、カラーリングに力をいれたという。



 「アメリカンアーミー」をイメージした配色となっており、「ミリタリーテイストのサンドベージュのベースカラーに、フロントグリルをマットブラックで塗装して、キャビン全体を引き締めた」と同社長。



 もともとベージュは同社のコーポレートカラーでもあり、このサンドベージュは、アウトドア好きからの人気を誇るランドクルーザー70の指定色。同社のトラックには半艶消しで塗装している。



 「副社長の兄が生粋のアウトドア大好き人間で、ランクル車をとても愛している。そういった強い希望もあり、今回のカラーリングを決めた」と話す。



 導入した1台は、同社に長年勤めているベテランドライバーが乗車予定だ。同ドライバーは、今回、新たに新車を導入するにあたり、誰に乗車してもらうかを決める際、他の従業員から全幅の信頼を得ており、今回の新車の乗車でも、満場一致で決まった。



 同社長は「ドライバーは思い入れのあるカラーに喜んでくれた」と納車式を振り返った上で、「このカラーリングを施した車両で会社PRを行い、こんなトラックに乗りたい!と思ってくれるような人が、入社してくれるキッカケになることを期待したい」と話している。



 新車の様子は、HP上に動画を使い公開する予定で、同社長は「写真でなかなか伝わらない会社の雰囲気も求職者に伝えられれば」としている。



◎関連リンク→ 創運システム株式会社

 

ジェイネクストロジ×大阪芸術大学 産学連携プロジェクトのラッピング4号車完成

【トピックス】

 

【大阪】「南河内郡からはじまる産学連携」「ふたつの力が南河内郡を全国に」と掲げ、4年前の4月にスタートしたジェイネクスト ロジスティクス(山田純司社長、南河内郡太子町)と大阪芸術大学(同郡河南町)による産学連携プロジェクト。その第4弾となるラッピングトラックがこのほど完成。物流をイメージしたラッピングのデザインを学生が考え、自身の作品をプレゼンテーションする経験も踏んで進めるコラボレーション企画だ。



082604.jpg





4号車の制作は昨年5月に始動。デザイナーを志望する大阪芸大デザイン科の新3回生が同社を訪ね、前年に採用されたトラックの実物を見学。11月に入り、作製したデザインのラフを基に学生がそれぞれのコンセプトを伝え、年が明けた今年1月24日に大阪芸大でデザイン案の最終プレゼンが行われた。



今回はテーマが「2020東京オリンピック」ということもあり、カラフルで躍動感ある仕上がりのデザインが並んだ。その後、何回かの社内会議などを経て4月21日、20ほどあったデザインのなかから4号車に刷り込まれる最優秀作品が確定した。



オリンピック・イヤーということでテーマを従来の物流からスポーツに切り替え、車両ボディーの左右と後部扉を目いっぱいに使って各種競技を描いた迫力あるラッピング車が出来上がった。今回の施工も、巨大プリンターでトラックの車体に直に印刷する淡路共正陸運(尾上昌史社長、兵庫県洲本市)のマーキングシステム事業部が担当。同県南あわじ市にある工場で7月31日に完成した。



「当初はオリンピックの開会式までに完成させて期間中、都内を中心に運行させる予定だった。残念ながら延期となったが、その現実を前向きにとらえ、スポーツ界がこの1年で大きく飛躍し、それを応援する活力となるデザインを選んだ。9月ごろから東京~大阪間で走らせたい」と山田社長。ちなみに、第5弾となる「産学連携トラックデザインプロジェクト2020」は新型コロナの影響でスケジュールがずれ込んだが、梅雨明けと同時に始動。次回のテーマは会社の20周年と重なることもあり、メモリアル号を予定しているという。



◎関連リンク→ 株式会社ジェイネクスト ロジスティクス

 

高宮運送 サイトのPR役再び、地元飲食店の応援も

【トピックス】

 

 【広島】中国エリアで広く食品輸送を手掛ける高宮運送(高宮徳和社長、廿日市市)はこのほど、同市のグルメ情報サイト「はつめし」の利用を呼びかけるデザイントラックを導入。今月上旬に運行を始めた。



 同社は、コロナの各種支援情報を発信する特設サイト「今こそ廿日市」をPRするデザイントラック4台をすでに走らせている。今回の「はつめし」は廿日市商工会議所が運営する市内の飲食店を検索できるサイト。同社長は「コロナの影響が大きい地元の飲食店を盛り上げる協力ができたら」と、再びPR役を引き受けたという。



 プリントは新車の中型車2台に施工。ボディーの両サイドと後部扉に、それぞれ異なる同サイトのロゴを大きく配置。白と赤の2色でシンプルながら、どの面を見ても地元のグルメサイトと一目でわかるデザイン。トラックは、同社の取引先の一つで大手スーパーの物流センターを拠点に、東広島市から防府市に渡るエリアで運行中。



 なお、ボディーへの印刷は、今回も堀越車体(十川孝行社長、広島市西区)のプリント事業部門「広島デザイントラック」が施工した。コロナの影響は依然続くが、地域を応援する取り組みは広がる。



◎関連リンク→ 株式会社高宮運送

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア