山本水産輸送 離職者出さない効果

【トピックス】

 

 【岡山】山本水産輸送(岡山市中区)が初めてボルボ製の車両を導入したのは、事業を開始して2~3年たった2002年6月だった。「大型トラック(ギアトロ)を1台買って、それを3年くらいで代替えして、また3年ほど使った」(山本新吾社長)というが、そこからしばらくボルボ車との付き合いは遠のいた。「当時は部品が入りにくいといった不便さを感じる面もあった」(同)と振り返る。



 いま抱える車両はざっと300台。見渡してみると、いつの間にか1割となる30台がボルボのトラクタで占められている。一時の中断を経て再び購入に向かわせたのは、3年ほど前からの積極的なトレーラ導入がきっかけだった。輸送の効率化という側面もあったが、「トレーラに乗りたいから会社をやめるというドライバーが何人か出てきて、それに対応する必要があった」(同)。最初は「特にトレーラで運ぶ荷物はなかったが、時間がたつにつれて仕事は舞い込んだ。何よりボルボ担当のドライバーは、だれ一人やめないことに手ごたえを感じている」(同)という。



 白いキャビンが山本水産輸送で、グループ会社のヤマスイ物流(同社長)は濃紺。色分けされたボルボ製トラクタは現在、半々の割合で保有。「ドライバーにとって長い時間を過ごすスペースであり、キャブが広くて居住性に優れた快適な職場。『ボルボに乗りたい』と面接に来るドライバーも結構いる」とのことで、「来年中に50台、将来的にはボルボだけで100台にしたいと思っている」(同)。そうした構想を進めるうえで現在、およそ1万坪ある既存車庫に加えて新たに5000坪の造成に着手している。



◎関連リンク→ 有限会社山本水産輸送

 

樋口運送 ボルボ「FH」導入 「居住性など格段に良い」

【トピックス】

 

菓子などの食品、原紙、自動車関係の鋼材を運ぶ樋口運送(樋口和之社長、広島市西区)では、平成29年8月に同社で初めてボルボ製のトラクタ「FH」を導入し、3年が経った。



 購入を担当した田中真悟・事業部長は「ボルボ車の販売先が限られていた頃から興味はあった」という。長距離輸送でも燃費や走行性能が良い車両を求める中で、国内ディーラーでもボルボ車の取り扱いが始まり、部品調達や修理対応などの体制が整ってきたことで、購入を現実的に考えるようになったという。



 同部長は試乗して、「直進安定性が良いのはすぐにわかった。メンテナンスは電気系統がよく研究されていて、問題ない」と判断した。



また、クーラーやヒーターが標準装備され、「欧州車だけあり環境関係もしっかりしている。国産車のように後付けすることを考えれば、価格はトントン。これでシャワーやトイレがあったら完璧」と笑いながら話す。



 鋼材を積んで同市と防府市との間を運行するが、見た目のインパクトは大きい。「将来的にボルボ車に乗れるのか」といった入社に興味を示すような反応もあるという。



 同社は一人一台持ちで、ボルボに乗務する経歴30年のベテランドライバーは「代替えでたまたま乗ることになったが、走行性や居住性は格段に良い。今でも休憩中『かっこいい』などと声をかけられることがある」と誇らしそうに話す。 

 

海津運送 「ふれあい活動」で地域に恩返し

【トピックス】

 

 海津運送(山田琢哉社長、岐阜県海津市)は地域に根差した活動を通して、その存在感を強めている。



 「以前から近所の方と交流する機会が多かった」と社長が語るように、普段より暮らしの相談から雑用の手伝いまで、何かと周辺住民から頼られることが多かった同社。「かつて父(会長)が市議会議員を務めており、皆さんに支えられた恩返しの意味もあった」との思いは、やがて様々な形となって動き出した。



 2017年に市の行政PRトラックを制作して観光誘致に寄与し、翌年には地元長寿会がジョイントした「海津運送交通安全地域ふれあい活動」をスタート。いずれの事業もその後継続され、行政PRトラックは現在2台が運行、「ふれあい活動」は今年で3回目を迎え、さらなる交流が進んでいる。



 今後については物流だけにとどまらない幅広い可能性を模索して、「市という単位だけでなく、よりエリアを絞った取り組みも視野に入れていきたい」と意欲を示す山田社長。固定観念に縛られない新たなコンテンツの発信へ前向きな姿勢を見せており、これからも「地域のコア」となるための発展と変化を目指していく構えだ。



◎関連リンク→ 有限会社海津運送

 

エスディーサポート 行政PRトラックを導入、富士山とドクターイエロー

【トピックス】

 

 【静岡】エスディーサポート(菅野隆社長、富士市)ではこのほど富士市の行政PRトラックを導入し、運行を開始した。同事業は富士市が毎年行っており、都度、地域の運送事業者2社が協力。今年は同社と羽衣運輸(村松俊彦社長、同)が選ばれ、プリント施工はするが通商(杉本貴彦社長、焼津市)が担当した。



 絵柄は富士市ならではのもので、富士山をモチーフに各サイドで異なるデザインを設定。右サイドには葛飾北斎「富嶽三十六景」の3枚が並べられ、左サイドでは「ドクターイエロー」が富士山の前を鮮やかに横切る。



 ドクターイエローとは新幹線区間で線路のゆがみや架線、信号電流の状況などを確認しながら走行する検査用新幹線車両の愛称で、デザインを選定した菅野社長は「自社のイメージアップ、地域貢献と合わせて、ドクターイエローの周知にもつながる」とコメント。同社のドライバーは「インパクトが強く、宣伝効果も高い」との感想を述べ、また、運行の際には一般の方から声をかけられることもあるといい、菅野社長は効果の拡大に期待を寄せている。

 

清水商事 行政PRトラックを導入、お披露目と出発式

【トピックス】

 

 【岐阜】清水商事(清水昭人社長、揖斐郡揖斐川町)はこのほど、行政PRトラックを導入。山本急行(山本英史社長、恵那市)がプリント施工し、10月31日にお披露目および出発式が行われた。



 デザインは同社と町側で調整し、代表的なコンテンツを採用。「谷汲山華厳寺」「両界山横蔵寺」「揖斐まつり子ども歌舞伎」「いび茶」といった名所、名物をプリントした車両は見る者に大きなインパクトを与える。



 式典には各関係者、マスコットキャラクターらとともに富田和弘町長も出席し、冒頭では「車両デザインに『度肝を抜かれた』印象。コロナ禍で元気をなくした地域の、良い弾みとなる」とあいさつ。



 これを受けて、清水勇樹部長は「『揖斐川町の看板』を背負わせていただけることに感謝している。ドライバーの安全運転や意識の向上にもつながる。揖斐川町のために何かできることがないかと考えた企画。地域の方から『輸送といえば清水商事』と言ってもらえれば励みになる」との言葉を述べた。



 また式典を終えた清水社長は「地元への貢献につながれば良い。町内では初の行政PRトラックということに意義を感じている」とコメント。「2台目や3台目でさらなる魅力の発信をしていきたい」と今後における前向きな動きにも意欲を示した。

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア