福井ト協 ラッピングトラック出発式、広報的な役割にも期待

【トピックス】

 

 【福井】福井ト協(清水則明会長、ラニイ福井貨物)はこのほど、福井市内で「くらしを守る応援メッセージPR事業」によるラッピングトラック出発式を開催。これは新型コロナウイルス感染拡大の影響による厳しい情勢下で懸命に輸送業務にあたっているトラックドライバーと併せて、日本の経済や暮らしを様々な分野で支えている人々へ向けてエールを送ろうと企画されたもので、会場には荷台後部に統一デザインが施されたトラックが、ずらりと6台並べられた。



 今回の事業に参加したのはラニイ福井貨物(福井市)、北陸トラック運送(同)、コーフク商運(同)、三国(坂井市)、大日運輸(勝山市)、ひまわり運輸(越前市)の6社で、デザインには県ト協が制作した業界PRアニメーションを採用。馴染みやすい絵柄には「日本の生活を守る皆さん今こそ頑張りましょう」「Drive with Pride」「僕らが日本の物流を支える」とのメッセージが添えられ、出席した各車両のドライバーには同協会からの委嘱状が、清水会長から直接手渡された。



 事業に協力したコーフク商運の今中悟央常務は取材に応じ、「コロナ下で頑張っている人たちを応援しつつ、社会のライフラインを支えていることを自覚して、安全で安心な輸送を心がけたい」とその気構えに触れ、「車両も目立つので、他の見本になるような、いつも以上の思いやり運転が求められる。車両を通して元気を届けたい」と力強くコメント。



 また出発式の様子を見守った清水会長は事業の趣旨とトラックが担っている社会的な意義を踏まえた上で、「県の内外を走行するので、なるべく多くの人たちに見てもらいたい」とラッピング車両における広報的な役割にも期待を寄せ、「皆さんに力を与え、業界への理解も深まれば良い」との見解に言及した。



◎関連リンク→ 一般社団法人福井県トラック協会

 

下総運輸 ラッピングトラックで千葉県を盛り上げる

【トピックス】

 

 【千葉】下総運輸(宮田英樹社長、野田市)では、コロナ感染拡大で苦境に立たされている千葉県民及び事業者の励みになればと、自社トラックに、「がんばれ日本」「がんばって参りましょう」などとラッピングを施し走行している。



 宮田社長によると、3月下旬に、同社長の知り合いがコロナに感染、苦しんでいることを聞いたことで、「何かできないかと考えた結果、ラッピングトラックに至った」という。



 4月から、軽トラックそして2トン車にラッピングし、県内を中心に走行しているが、同社長によると、周囲からは、「一緒に頑張っていきましょう」「物流は止めずに精いっぱいやりましょう」との言葉を掛けられるという。



 ドライバー自身にも、「見られている」という意識が生まれ、以前にもまして、安全運転を心掛けるようになったという。



 コロナが落ち着けば、ラッピングをやめる予定だったが、まだ落ち着かないことから、同社では今後もラッピングトラックを増やす計画だという。



◎関連リンク→ 株式会社下総運輸

 

遠藤運輸 「打ち出の小槌」で存在感

【トピックス】

 

 【岡山】「とにかく車が好き。アート系のトラックがNGになるなかで、それなら会社の看板でアート風にしてやろうと思った」と遠藤博道氏(遠藤運輸社長=61、和気郡和気町)。新車を組む際にメッキのパーツを付けないのもそうした考えが背景にあるが、それにもかかわらず同社の車両は圧倒的な存在感を放つ。代名詞ともなっている、あの「打ち出の小槌」のせいかもしれない。



 「トラック雑誌で目にして早速、それを真似て平成17年にトレーラの後部扉に張ったのが最初」という。商売繁盛の文字があった当初デザインを変えて2台目からはオリジナル化し、ウイングの3面やハイルーフ部分、ダンプはプロテクターにも掲示するなど、あらゆる部分に同社の〝顔〟が登場するようになった。



 令和に入り、小槌に付けられた房に躍動感を与えた新バージョンを採用。トラックやトレーラ、ダンプなど32台を抱えているが、すでに7台が新バージョンを掲げる。また近年は、保有するスカニアやボルボ車のマークとそれぞれコラボさせた迫力あるデザイン(写真)も登場。「看板代は高いが、ハンドルを握るドライバーの誇りにもなっている」と話す。



 昭和63年にダンプ1台からスタートした同氏だが、バブル期に増車するなどダンプ事業を拡大する一方、平成14年にトレーラの長距離輸送を足掛かりにトラック事業にも手を広げてきた。「県外で名刺を差し出すと『あっ、岡山の遠藤さんか』と、会社のシンボルが浸透しているのに驚くし、素直にうれしい」と目を細める。

 

デプス 10トンウイング冷凍車を導入「仕事、オールマイティーに」

【トピックス】

 

 食品配送をメインに営業展開をしているデプス(東野雅樹社長、大阪府東大阪市)は、社員のモチベーションアップや会社のイメージアップにつなげるため新車の大型10トンウイング冷凍車を導入した。



 同車両は、冷凍製品や青果ものだけでなく、一般物も配送できるように冷凍車でもウイング車にすることでオールマイティーに仕事がこなせるようにしている。



 今までの車両は、ノーマル車が多かったが、今回はフルアルミ車でバンパーからホイルなど、できるところはすべて取り付けたという。設立4年目で26台と順調に車両台数を増やしながら売り上げを上げている同社。東野社長は「社員が頑張ってくれているから車両を増やすことや仕事をこなすことができる。少しでも気持ちよく仕事ができるようにアルミの新車を入れることにした」と話す。



 また、今年は攻めの年と考え、このピンチをチャンスとして捉えて8月、9月にも新車を入れる予定だ。「自社でできることを考えて先を見据えながら営業展開していきたい。攻めの姿勢で色々なことをしていきたい」と考えを話す。



 今後の目標として車両台数を増やすことだけでなく、地方に営業所を出せるように動いている同社。来年には、北海道に営業所を出せるように、現在模索しながら動いている同社長は、「従業員が働きやすい環境を整えながら前に進んでいきたい」と思いを話している。



◎関連リンク→ 株式会社デプス

 

ティー・ピー・サービス カスタム車導入、輸送品質などが向上

【トピックス】

 

 【神奈川】お菓子や飲料資材の配送を手掛けるティー・ピー・サービス(永井康晴社長、横浜市泉区)では、セノプロ架装のトラックを10年前から導入している。



 「現場で頑張ってくれているドライバーに、かっこいいトラックに乗せてやりたい」という永井社長の思いからで、すでに20台を導入しているという。



 写真は、昨年導入したトラックで、会社カラーの緑を基調に作られている。ボディには、トラックでは珍しいグラインダータトゥも施されており、夜間などで光を浴びると、きれいな模様が浮かび上がるという。



 「ドライバーが喜んでくれるのがうれしい」と話す同社長だが、同社が保有するすべてのトラックがカスタム仕様ではないため、こうしたトラックを運転するには資格がいる。



 「まず事故を起こさないことで、加えて車を大切にきれいに扱うこと」が前提という同社長。それに加え、仕事のスキルも加味されて最終的に乗るドライバーが決まるという。



 ドライバーは自然と安全運転を行うようになり、車を大切にきれいに扱うようになる。実際に同社の事故は大幅に減少しているという。



 さらに、同社長によると、かっこいいトラックに乗れるということで、求人にも効果があるという。今でこそコロナ禍で、求人がしやすい環境になっているものの、同社では、それ以前から求人には困っていなかったという。「昔なら求人を出しても応募がない状態で、当社の社風に合わないなと感じても、採用するしかないということも多々あった」というが、「今は、妥協せずに、当社に合う人材を採用できるようになった」という。



 カスタム車の導入は、同社にとって人材確保や人材育成、そして輸送品質の向上に確実につながっている。



 ただ、最近の動向には、気がかりなところもあるという同社長。それは、「今の20代の若い子たちは車に興味のない子が多い」ということだ。「自分の乗用車を持っていない子も多く、これは時代の流れで仕方がないのかなあ」といいつつも、「そんな若者でも、こんなトラックに乗りたいなあと思ってもらえるようにしていければ」と話している。



◎関連リンク→ 株式会社ティー・ピー・サービス

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア