山ト協山口支部 小学生の力作をプリント、安全呼びかけて走る

【トピックス】

 

 【山口】山ト協の山口支部(国広和之支部長=国広倉庫運輸社長)は今年も、小学生が描いた〝未来のトラック〟をプリントし、交通安全を呼びかける車両を作製。昨年12月12日に山口南警察署で行われた交通安全県民運動の発隊式でお披露目された。



 プリントトラックは地元警察署と連携し平成30年度から続けている事業。3年前からは「トラックの日絵画コンクール」の応募作品の中から管内の6点を選び、会員事業者のトラック3台のボディーに印刷。なお、施工はしんじゅ(宮崎英雄社長、山口市)のグループ会社でプリント事業を手掛けるパールプランニングが手掛けている。



 式に先立ち、絵が採用された小学生に記念品が贈られた。支部長は「県が実施中で、信号機のない横断歩道で歩行者優先を促す『横断歩道ハンドサイン運動』を知ってもらう絵をプリントした車両も走る。これらのトラックを多くの県民に見てもらい、交通事故が1件でも減ることを祈っている」と話す。



◎関連リンク→ 一般社団法人山口県トラック協会

 

ロジックスライン 新車導入で納車式、新車庫開設のお披露目も

【トピックス】

 

 【千葉】ロジックスライン(沢田秀明社長、成田市)は12月3日、新車庫開設のお披露目と新車導入に伴う納車式を実施した。



 同社では今回、約800坪の車庫を新設するとともに、UDトラックスの大型トラックを導入した。納車式には沢田社長ら同社役員をはじめ、ドライバー、そしてUDトラックスの担当者らも出席した。



 トラックにはロジックスラインの新デザインロゴ、また和を強調した番傘や富士山が鮮やかに描かれている。



 そしてハンドル操作を補正するアクティブステアリング、乗り心地を向上させたヒーター付きシート、さらに6つのドラレコを完備。



 沢田社長は、「新年を迎えるにあたり飛躍していけるよう、トラックに思いを込めた」とし、「走るデザイントラックを見て、一般の方にかっこいいな、乗りたいなと少しでも思ってもらい、乗車するドライバーには見られている意識で模範運転を心がけてもらいたい」と述べた。



 入社半年を迎える26歳の郡司誉さんが同トラックに乗車する予定で、郡司さんは、「入社して間もないので自分が乗って良いのかと思うが、期待されている分、頑張っていきたい」と抱負を語っている。



◎関連リンク→ 株式会社ロジックスライン

 

吉秀トラフィック 20周年を迎え特別車両納車

【トピックス】

 

 【京都】吉秀トラフィック(吉川秀憲社長、八幡市)は、11月1日で設立20周年を迎え、特別車両20周年アニバーサリー号を納車した。



 同社は、事務所の事務所移転や増築、トラック車両のデザインやドローン事業、企業主導型保育など数年前から時代のニーズを考えて取り組んできた。



 そのなかでもグループ会社でのラッキーリバー(八幡市)で行っている車両などへのデザインは、全国的にも注目を浴びており、様々な車両へのボディープリントをしてきたノウハウを生かした20周年アニバーサリー号になる。



 今までの吉秀トラフィックのイメージを残したまま、日本の四季をイメージさせる優しさとカッコよさだけでなく、感謝の気持ちを込めて「THANKS TO EVERYONE」とさりげなくデザインしている。



 吉川社長は、地域貢献の活動などにも注力をしてきただけでなく、従業員が働きやすい環境を構築したいと思い会社を成長させながら事業を継続してきた。「20年間事業が継続できたのも従業員と取引先企業、地域の協力があってだと思っている」とし、「現状に満足をせずこれからも情報をしっかり採り入れ、時代のニーズに合った営業展開をして次の30年40年の節目を迎えられるように取り組んでいきたい」と思いを語る。

 

神ト協 トラックデザインコンテスト作品集を作成

【トピックス】

 

 【神奈川】神ト協(吉田修一会長)は、第23回「夢を運ぶトラックデザインコンテスト」の作品集を作成した。



 同コンテストは、子どもらにトラック輸送への理解と関心を深めてもらうことを目的として、県内の小学生を対象に作品を毎年募集。今年度は1万6500点の応募があった。



 作品集は、新型コロナウイルス感染防止の観点から表彰式並びに作品展が中止となった2020年度に初めて作成。好評を得たことから引き続き作成されている。



 受賞者のほか、県下の小学生に配布されるほか、デジタル版を同協会のホームページ「トラッくんだより」コーナーでも閲覧可能。



 作品集には最優秀賞を受賞した、「ニャンニャンニャン」(県知事賞とダブル受賞、低学年の部)、「夕日にそまるイルカ」(中学年の部)、「夏にとけこんだ海」(高学年の部)の3作品のほか、優秀賞9作品、佳作30作品、トラッくん賞58作品の合計100作品が収められている。



 あわせて、保護者や閲覧者向けにトラック運送業界について解説を掲載。緑ナンバーと白ナンバーの違いや、国内物流の90%をトラックが担っていることなどを説明している。また冒頭には、同協会を代表して、伊藤保義広報委員長があいさつを寄せた。



◎関連リンク→ 一般社団法人神奈川県トラック協会

 

アガガスネットワークサービス トラックデザインを一新

【トピックス】

 

 【愛知】アガガスネットワークサービス(澤田幸徳社長、名古屋市)では、企業イメージを向上させる取り組みの第1弾として、15年間使用したトラックデザインを一新した。



 澤田社長は今年6月に代表取締役に就任。役員時代に温めていた創業への熱意を同社のリブランディングに込め、スタンダードな白ベースの旧デザインから、グループ会社のコンセプトカラーである赤と青を際立たせた躍動感あふれるアーチ状のデザインに変更。このほど2台が完成し、残りの既存車両も徐々に塗り替えていく予定としている。



 デザインは3案の中から若手社員の目に留まったものを採用するなど、社内に新しい風を吹き込んでいきたい考えを示す澤田社長。「品があって良い感じ。従業員の反応もいい。カラーを見て会社を認識してもらいたい」と華美にならず自社をアピールできるデザインに笑みをこぼす。既存車両のデザイン変更は新車よりもコストがかかるが、そこは将来への投資と腹をくくった。



 「業界イメージを刷新し、社員の雰囲気も変えていきたい」と意気込みを語る澤田社長は、未経験ドライバーの採用にも積極的だ。今後もホワイトを前面に打ち出し、ドライバーの働きやすい環境を整えつつ、イメージ戦略も徐々に展開していく。

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア