創運システム 新車導入に合わせて荷台のロゴを一新

 【埼玉】創運システム(春田将平社長、加須市)が導入した「アメリカンアーミー」をイメージしカラーリングしたトラックが、求職者や取引先企業などに話題となっているという。



 昨年導入した同トラックにカラーリングされたベージュカラーは同社のコーポレートカラーでもあり、色にこだわりを見せている。今回、新たに同カラーのトラックを2台導入した。



 アーミーカラーのトラックをホームページで公開したところ、「求職者からも『入社したらこのトラックに乗れますか?』と問い合わせが増えている」と春田社長は笑顔を見せる。ホームページには写真だけではなく、動画を載せているため、実際に動いている様子を見ることができる。



 さらに、取引先や新規の顧客からの認知度も上がっているようで、「最近はアーミーカラーが当社のカラーとして定着しつつあるという実感を得ている」と同社長は指摘する。



 今回はこの特徴的なカラーに合わせるため、荷台にプリントするロゴを一新した。「キャラクターロゴとして、力強さ、勇気の象徴であるハクトウワシを選んだ」と同社長。



 荷台のプリントは加須市にある彩北自動車整備工場が担当。「トラックのボディーから看板まで凹凸、湾曲面のような色々な素材に直接インクジェットプリンターのように印刷ができるうえ、プリントと同時にオーバーコート処理をするため3〜5年間くらいは色褪せず、きれいな印刷を保てる」という。



 同社長は新しいロゴについて、「飛躍、信頼、安心がイメージでき、ヒト(のココロ)・モノ(荷物)を『わしづかみ』するような力強さをもっている」とし、イメージカラーとともに新しいロゴを合わせ、新たな創運システムとして周知していく考えだ。



◎関連リンク→ 株式会社創運システム

 
【トピックス】

2021年11月30日

 

するが通商 ボディープリントの可能性「キャンバスは無限大」

 【静岡】するが通商(杉本貴彦社長、焼津市)がオートボディープリンターによる施工事業を始めておよそ5年。「さあ、トラックに希望を描こう」というキャッチフレーズを合言葉に地域や県内でのプレゼンスを高めてきた同社におけるボディープリント事業の近況を聞いてみた。



 「コロナは関係ないとは思うが、たまたま最近受注をいただく機会が増え、本業の荷物が減った分、助かっているのが本音」。まだ暑さの残るこの時期、施工現場で機械の操作に目をくばりつつ杉本社長は汗を滲ませながらそう述べ、5年の歳月で培ってきた実績と信頼がもたらす人や企業との縁に感謝を示す。



 「描ける対象はトラックだけでなく、キャンバスとなる素材は街中に溢れている」と明かした言葉の通り、取材当日行っていたのは足場にかけるシートへの施工。薄手で向こう側の景色が透けて見える素材へのプリントは技術を要すると予測されるが、これまでもブロック塀やブラインドなどアイデアあふれる取り組みを続けてきた同社だけに、手際はスムーズだ。



 デザイントラックの良さは車両を見ればその迫力と美しさを実感できるが、情報を伝える役割だけでなく運行を通じてはデザイントラック自体の可能性を広く知らしめる意味合いもある。



 「一度施工すれば5年は持つので、コストパフォーマンスの面でも優等生と言える」と杉本社長はボディープリント施工の有効性についてそう前向きに語っており、トラックという走るメディアの可能性を今後も追求し続ける構えだ。



◎関連リンク→ 有限会社するが通商

 
 

JapanAinaExpress 4トンウイングパワーゲートハイルーフ車を導入

 【大阪】JapanAinaExpress(石井孝幸社長、門真市)は、新たに4トンウイングパワーゲートハイルーフ車を導入し営業展開をしていく。



 同社は、約4年前に会社を立ち上げ、今まで中古車で16台まで増車をしてきたが、今後のことを考え新車を増やしてきた。



 石井社長は「塗装などにこだわりを持って車両を作っている。色もライトローズマイカメタリックを使用して会社のイメージを大切にしたデザインにしている」と話す。



 また、「今後は新車に切り替えていけるようにしっかりと営業展開をしていきたい。仕事も色々な縁があり、新規案件などももらえているので今のうちに会社の基盤を固めて攻めの営業ができるようにしたい」と話し、「社員の日ごろの頑張りもあり、評価してもらえたことで仕事の依頼が貰えている」と社員への感謝の気持ちも忘れない。



 さらに、「順調に仕事を継続でき会社を成長させてもらえているのも周りの方の協力があってのこと。今後も現状に満足せず新たな仕事ができていることに感謝しながら社員一丸となって頑張っていきたい」と思いを語る。



 同社は、コロナ禍でも人との縁を大切にして仕事をしていく事で新たな仕事を確保し順調に業績を上げていけるように日々邁進している。



◎関連リンク→ Japan Aina Express有限会社

 
 
 

最新ニュース

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア