Futajima Logi 感謝のハガキと寄せ書き届く

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、緊急事態宣言が発令されるなど緊張感の高まる毎日が続いているが、そんな中、心温まるエピソードを聞くことができた。Futajima Logi(田上圭一社長、大阪市住之江区)のもとに、匿名ではあるが医療従事者と思われる方から感謝のハガキが届いたのだ。



 同社では昨年から、新型コロナウイルス感染拡大防止への啓蒙活動として、また、医療従事者への感謝の気持ちを伝える目的で、それぞれのメッセージが描かれたデザイントラックを作製し、運行している。そのトラックを見たと思われる人物から先日、同社宛てにハガキが届いた。ハガキには、次のように書かれていた。



 「出勤に向かう途中、トラックに医療従事者を応援するメッセージが目に留まり、胸が熱くなり、より、頑張る! という気持ちになりました。まったく知らない所からでも、こうしてメッセージを送って下さることに感謝の思いです。勇気を再び後押しして下さり、ありがとうございます」



 田上社長は、「匿名のハガキであったが、内容から、おそらく医療従事者の方かと思う。忙しいなか、こうしたお便りをいただけて、われわれも非常に励みになる。こちらこそ『ありがとうございます』という気持ちで、あらためて、コロナ対策の徹底を誓った」と、思いがけないハガキに感動した気持ちを打ち明ける。「トラックは多くの人に見られているんだという意識が高まる。責任が発する。そうしたことをドライバーも自覚してもらえたら」といい、「医療従事者も我々も、リスクのある中を、歩みを止めずに働いている。優しい社会づくりになればうれしい」と願いを話す。



 さらに、同社は昨秋、地元に少しでも還元できればとの思いから、地元・住之江区の中学校にバスケットボールを寄贈したところ、南港北中学校の男女バスケットボール部員から感謝の色紙が届いたという。バスケットボールの形をした色紙に、生徒らから「ボールありがとうございます、大切に使います」「部活がんばります」など、感謝の気持ちや、これからの意気込みなどが書かれた寄せ書きが届けられた。田上社長は、「我々としても事業を行っていくうえでモチベーションとなる。こうした活動をこれからも継続して、贈るボールの数も増やしていけるよう、頑張っていきたい」と目を輝かせる。



◎関連リンク→ 株式会社Futajima Logi

 
【トピックス】

2021年1月29日

 

トータル運輸 ダイレクトボディプリント事業を開始

 【北海道】トータル運輸(二村哲史社長、札幌市北区)を中心とするトータルグループのトータル企画(二村会長、同)はリコーデジタルペインティングのオートボディープリンターを導入し、9月からダイレクトボディプリント事業を開始した。オートボディプリンターは道内では2例目となり、道内の運送事業者や業界団体のイメージアップのほか、自治体のイベント紹介・街おこしなどにつなげていきたい考え。



 オートボディープリンターは多額の設備投資となるため、導入まで5年程度、検討を要した。トータル企画では、もともと各種看板・印刷事業を行っていたため、トラック以外でのニーズもあると判断。また、ラッピングトラックによるPRのニーズも今後さらに増えてくると考え、導入を決めた。スタッフを外部の研修に長期間行かせ、あわせて社内に専用の施設を設けた。



 道内の運送事業者、トラックディーラー、架装メーカーらを呼んで、9月10日に本社敷地内でプリントした自社車両をお披露目した。すでに引き合いもあり、10台近い待ちとなっている。「自社のトラックをプリントする余裕がない状況」(二村社長)という。



 トータル企画の宇井直樹係長は「1台1台、超精密に印刷できる。カッティングシートやフィルムを貼付する場合と比べ、仕上がりの美しさ、リベット周りや細かい凹凸、湾曲面などの仕上がりも全然違う。貼ったものが剥がれるという心配もない。中古車のリメイクも可能」と説明。「湿度が高い時は、施設の戸を締め切り、ストーブを焚いてプリントする。そうすると施設内は40度ほどになるが、仕上がりが綺麗になる。私達は汗だくになるが」と笑う。



 二村社長は「設備投資は大型トラック2〜3台分となり、遊びではできない。道内の運送会社に企業イメージアップの面で活用してもらうことをメインに考えている。また、地域振興イベントや観光施設などのPRにも貢献できると考え、現在、いくつかの自治体と話し合いを進めている」とし、「まずはダイレクトボディプリントを知ってもらいたい。当面は月間10台が目標。北海道でのダイレクトボディプリント事業が順調に進展すれば、関東の拠点にも展開していきたい」と抱負を語る。



◎関連リンク→ 株式会社トータル運輸

 
 

吉秀トラフィック 八幡市観光スポットをPR

 【京都】吉秀トラフィック(吉川秀憲社長、八幡市)は、八幡市の観光名所をトラックの側面にデザインしたトラックで同市のPR活動に努めている。



 PRデザイントラックは、大型10トン車の両側面と後方の全面を活用して、同市の観光スポットである背割堤や岩清水八幡宮、松花堂庭園などをアピール。吉川社長は「八幡市に事務所を構える中で地域貢献の1つとして、ラッキーリバーと協力して取り組んでいる。トラックに市の思いを描いて走行するため、運転も重みが違う。ドライバーも『思いやり運転』に努めてくれている」と話す。



 また、施工を担当したラッキーリバー(同市)の中村慧施行担当は「吉川社長の思いが詰まった車両。市に許可を得て、無償でトラックにデザインを入れて市をPRしている。デザインにもこだわり、市とも良好な関係を築けているので、そのお手伝いができたことはうれしく思っている」と話す。



 さらに、同社では「自社にできること」として今まで、医療従事者への応援メッセージを書いたトラックをデザインするなど、積極的に様々な取り組みをしている。吉川社長は「当社も周りも、お互いに協力し合いながら仕事ができるようにしていけたら」といい、「小さな積み重ねが、次へのきっかけにつながることもある。これからも迷わず、関係する人たちと協力しながら仕事をしていきたい」と思いを語る。

 
 
 

最新ニュース

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア