峰南運輸 スカニア製のトラクタ「乗ってみたい」の声で導入

【トピックス】

 

 【岡山】「だれが乗るトラクタかを伝えないまま見せたところ、9人いるトレーラ乗務員の7割が手を挙げた」と早瀬規恭氏(峰南運輸専務、津山市)。同社は今年1月半ばから、スカニア製のトラクタ(R450)を運行させている。外国製の車両を採用するのは初めてで、セノプロが架装を手掛けたスカニア製トラクタの第1号という。



 福山市~名古屋市の範囲で鋼材輸送をメインとする同社はトレーラ、大型トラックなど約30台の車両を保有しているが、「この仕事で一番怖いのは故障やトラブル。それが最大の理由だった」と国産トラック一辺倒だった事情を説明する。しかし、「このところ周囲の同業者から聞く評判が大きく変わったことや燃費のよさ、21年ぶりというフルモデルチェンジも魅力だった」と昨年の1月ごろに購入の検討を開始。



 何より「乗ってみたい」というドライバーの声にこたえたい思いもあった。「年内に納車できるなら」という条件を販売会社に提示してみたところ、およそ半年後の昨年10月に届けられたトラクタをセノプロに持ち込み、さらに引き締まったルックスのオリジナル車両が出来上がった。



 同車のハンドルを任されたのは「うちで一番長くトレーラに乗務している」という30代半ばの男性ドライバー。「うちのスカニアはシングルだが、本人によれば『運転していて国産のツーデフより疲れないうえに馬力、クッションも全然違う』とのこと。決して安くはないが、ドライバーの意識高揚や定着率向上も期待できる。導入の効果などを見ながら、トラクタについてはスカニアの増車も考えていきたい」と話している。



◎関連リンク→ 有限会社峰南運輸

 

新潟運輸 女性ドライバー専用車両を導入

【トピックス】

 

 新潟運輸(坂井操社長、新潟市中央区)は9月7日、女性ドライバー専用車両の導入を発表。



 同社では2017年に女性活躍機会の創出や定着、働く職場環境の改善を目的に「姫トラプロジェクト」を立ち上げ、活動を続けてきた。2019年5月に最初の「姫トラ」を導入し、このほど、10台目となる「姫トラ」を上田支店へ、11台目を静岡支店へ、12台目を厚木支店へ、 13台目を掛川支店へ導入した。



 同社は、「今後も働き方改革を推進し、安心して働ける職場環境づくりに努めていく」とコメントしている。



◎関連リンク→ 新潟運輸株式会社

 

堀越車体 新事業開始から半年「メッセージの発信を」

【トピックス】

 

 【広島】広島市や廿日市市の運送事業者の間で「デザイントラック」を導入する会社が増えている。大型の専用プリンターでトラックのボディーに直接絵柄を印刷するもので、ロゴマークをはじめ、コロナ禍での市民へのエールや、コロナ対策のウェブサイト開設の紹介など(本紙既報)世情に応じたデザインまで、さまざまだ。



 デザイントラックを施工するのはトラック部品販売の堀越車体(十川孝行社長、広島市西区)。社長の「ロゴも入らない無地のトラックが多い。自社や地域をアピールができるのに、もったいない」との思いと、「メーカーの楽しさや喜びを感じたい」という考えのもと、2月に「広島デザイントラック」事業を立ち上げた。プリンターはリコーデジタルペインティングの「オートボディープリンタ」を県内では初めて導入した。



 コロナの感染拡大と時期が重なり、チャリティーでプリント(6月で終了)を引き受けるなど混乱の中での船出だったが、半年間の施工実績はトラック40台、公用車などの乗用車20台に上る。



 プリント最大の利点は、シール類と違い「印刷した絵柄を簡単に落とせること」(社長)。溶媒のアセトンで難なく消せるので、「車の価値が保て、中古でもきれいな状態で売れる」。また、荷主や自治体とタイアップなど期間限定の印刷にも柔軟に対応できる。社長は「荷物のPRを印刷すれば、荷主と関係強化が期待できる。1台でもその車があれば、会社はイメージアップし、求人面でも有利では」と考える。



 全長10mまで印刷できるが、絵を繋げば13㍍まで対応可能。気になる価格は1平㍍あたり1万~1万3000円とのこと。プリントならではの長所と短所を含めて「その会社の潜在的な希望もヒアリングしながら探り、一緒に考えてデザインする」(社長)。今後は印刷するだけでなく、企画とパッケージで提案することも検討中だという。



 社長は、「今こそデザイントラックを使ってほしい。トラックは動く看板。会社のPRや求人情報などのメッセージの発信に役立ててほしい」と話している。



◎関連リンク→ 堀越車体株式会社

 

サクマ運輸 車体へのデザインプリント、イメージ刷新に一役

【トピックス】

 

 【広島】建材や機器など住宅に関するあらゆる部品を運ぶサクマ運輸(佐久間栄社長、廿日市市)では現在、会社のイメージ刷新に向けた取り組みを進めている。車体へのデザインプリントもその一つだ。



 同社のトラックへのプリントは、堀越車体が始めた新事業の試験稼働中に試作第1号として施工したもの。同社長は「先方とは元々部品調達で付き合いがあった。試作の話を聞き、これは会社のイメージアップに有効だと思い、物は試しにとお願いした」という。



 2月に大型車とトレーラそれぞれ1台ずつ施工。大型車のデザインは、「展示会で見たデモカーがヒントになっている」という。紫色をベースに中央に鮮やかな水色が一筋。効果的に入った麻の葉模様に、ロゴと舞う桜の花びらが和の雰囲気ながら重厚感を醸し出す。また、トレーラはドライバーがデザイン。社名が大きく英字で表記され、こちらも存在感は抜群だ。



 同社長は「すごい、かっこいいと好評をいただいている。プリントの質の保持など時間をかけて検証し、良ければプリントトラックの台数を増やしたい」と話す。なお同社では並行して、HPやロゴマークの刷新作業も進行中で、年内の完成を目指している。



◎関連リンク→ サクマ運輸株式会社

 

岡田商運 里帰りの名刀をラッピングトラックでPR

【トピックス】

 

 【岡山】集まった多くの浄財によって日本刀の聖地へ〝里帰り〟した国宝の刀「山鳥毛」。その一般公開が9月10日から始まるのを前に、瀬戸内市が進める里帰りプロジェクトを合わせてPRするラッピングトラックの出発式が同市役所で8月27日に開かれた。広告塔の役目を担うのは岡田商運(岡田好美社長、岡山市中区)の大型トラックで、「関東から九州の範囲を運行するフリーの車両」(同社長)という。



 戦国武将の一人、上杉謙信が愛用したとされる国宝の備前刀「太刀・無銘一文字」(愛称=山鳥毛・さんちょうもう)を巡っては一時、個人所有者の手を離れて県外へと流出する可能性があったことで、それを防ごうと同市がクラウドファンディングやふるさと納税などを活用。今年1月27日の時点で、購入費として募っていた寄付が目標を超え(5億1309万円)、3月22日に引き渡しが行われた。



 出発式で武久顕也市長は「同プロジェクトに1万7000件を超える支援をいただき、5億円の刀を里帰りさせることができた。今後は山鳥毛の里づくりのため、ふるさと納税なども進める必要があるが、全国を走るPRトラックに期待したい」と喜びを表現。岡田社長も「ふるさと納税を通して武久市長の熱い思いに触れ、何か協力できないかと感じた。2号車の要望があれば対応したい」と支援を口にした。



 かねて同社では大型トラックを使った小学校での交通安全教室や、地域住民も巻き込んだ春夏の祭りなどボランティア活動に力を注ぐ一方、今回と同様に岡山県や岡山市、総社市などで地域振興を応援するラッピング車両を自費制作するスタイルで取り組んできた。同社長によれば「次はシーガルズ(Vリーグで数少ない市民クラブチーム)のラッピング。早ければ年内に完成する」としている。



◎関連リンク→ 株式会社岡田商運

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア