萬運輸 大型CNG車導入「地域に愛される企業に」

【トピックス】

 

【神奈川】萬運輸(東海林憲彦社長、横浜市鶴見区)は大型CNG(圧縮天然ガス)トラックを導入した。



導入されたのは、いすゞ自動車製の「ギガ CNG―MPI Gカーゴ」。自動変速トランスミッション 「スムーサーGx」を搭載、1回のガス充填で東京〜大阪間(500キロ程度)の走行を可能とする。東日本における導入第一号となった。車体には「会社を豊かにする新しい取り組み」として同社が推奨しているトラックボディーに直接印刷施工する技術「デザイントラック」によるデザインが施され、地球環境との調和が表現された。



同社がCNG車を初導入したのは約20年前。現在は横浜営業所で3台のCNG社が運行している。一般的な規格車との価格差、燃料スタンドなどのインフラ不足が最大の懸念事項だった。東海林社長は「中小企業が大型CNG車を導入する際に、この二つの課題が大きな障壁になる」と指摘。導入にあたって熟考を重ね、「導入停滞はCNG車普及の妨げとなり、地球環境の保全に寄与する機会を狭くする」との思いから導入を決めた。



11月7日には、いすゞ自動車首都圏、東京ガス協賛のもと、赤レンガ倉庫(同市中区)で披露会を挙行。会場には導入車両はもちろん、同社の「デザイントラック」車両が集結し、関東運輸局の森髙龍平自動車交通部長、環境優良車普及機構の林敏博理事長、県環境農政局環境部の加藤洋大気水質課長、東京ガスNGV事業室の森雅晶室長ら多くの来賓が列席した。



東海林社長は赤レンガ倉庫を披露の場に選んだことについて、「私たちの未来への挑戦であり、そのスタートの決意表明」とし、「来年は創業60周年。昭和、平成そして次の時代に向けて新たな門出を迎えるにあたって生まれ変わり、県民市民に愛される赤レンガ倉庫のように、次の100年を見据える思いでこの最高の場所で開催した」と説明。「当社も地域に愛される企業市民となり、社会に貢献できるよう、これからも活動していく」と力強く宣言した。



◎関連リンク→ 萬運輸株式会社

 

ロジックスライン デザイントラックで成田市PR、出発式を開催

【トピックス】

 

【千葉】ロジックスラインが進めてきた、成田市をPRするラッピングトラックが完成したことを受け10月17日、成田市役所で「成田市デザイントラック」出発式が行われた。同出発式には、小泉一成成田市長をはじめ、林幹人県議会議員や市関係者ら、多くの来賓も出席した。



成田市の春夏秋冬の観光地・観光イベントの計6枚の写真がプリントされた同社の大型トラックは、沢田社長が成田市に提案して実現したもの。背面には成田市のゆるキャラである「うなりくん」と、成田市の観光案内サイトにアクセスできるQRコードも備えており、成田市PRを全面に押し出したトラックとなっている。



出発式のあいさつで同社長は、小泉市長や、林幹人議員をはじめとする関係者にお礼を述べた上で、「私は成田市生まれ・育ちで、成田の地で創業した。当社創業20周年の式典を行った際に、成田市に何か恩返しできることはないかと考え、成田市に提案した」と「成田市デザイントラック」作成のきっかけを話した。



小泉市長は、市の発展に観光政策が重要とし「全国を走り回り、成田市をPRしてほしい」と祝辞を送った。



また、この「成田市デザイントラック」に尽力した林議員は、「まさに走る広告塔。2020年の東京オリンピックに向け、どんどん観光客を増やしていかなくてはならない中で、このトラックが大きな仕事をしてくれるのだと思っている」と話した。



小泉市長や林議員、沢田社長らがテープカットを行った後、ラッピングトラックは無事、成田市役所を出発した。



◎関連リンク→ 株式会社ロジックスライン

 

宮田運輸 従業員と共に成長、雑誌活用し仲間の長所みつける

【トピックス】

 

宮田運輸(宮田博文社長、大阪府高槻市)は、今まで従業員を労う一環として共に成長していけるよう様々なことに取り組んできた。



同社は、ドライバーとコミュニケーションを図るツールとして「致知」という雑誌を全従業員に毎月、プレゼントしている。その雑誌を活用して仲間の良い部分を見つける取り組みを実践している。



事業所ごとにグループ化して、毎月雑誌の指定したページの感想をシートに書いてもらい、グループで話し合い、従業員同士で一人ひとりの良い部分を全員で見つけていくようにしている。



従業員との協調性や、共に学ぶ姿勢を大切にしている同社。宮田社長は「従業員と関わることで様々な考えを聞くことができる。各事業所のドライバーと所長が、普段とは違う側面から話ができるので、新しい考えや思いを聞くことができた」と話す。



また、経営方針会では、節目の年に従業員の家族を招いて食事会などを開き、従業員が働いている会社の雰囲気を理解してもらうように努めている。父の日にはドライバーに内緒で家族に協力してもらい、手作りのタンブラーを作成するなど従業員を大切にしてきた。



宮田社長は「会社には絶対に必要な従業員の力は大きい。今後も全従業員と共に成長していけるように色々な取り組みを積極的にしていきたい」と話す。



◎関連リンク→ 株式会社宮田運輸

 

伊井運輸 デザインローリー導入、三者でタイアップ

【トピックス】

 

【三重】伊井運輸(伊井雅春社長、三重郡川越町)はコスモ石油四日市製油所、四日市市とのタイアップでデザインローリーを導入。9月20日にそのお披露目式を行った。



「地域と密着してのデザインが入った車両は、全国のコスモ石油としては初めての取り組み」というそのアイデアが持ち上がったのは今年の6月頃のこと。それからのおよそ3か月間、三者間で重ねた協議は実を結び、今回導入の運びとなった。選ばれたデザインは四日市のコンビナート群をバックに「四日市きっと来たくなる」の文字が大きく踊る仕様で、また「コスモ石油は『コンビナート夜景のまち』四日市市を応援しています」とのメッセージも添えられている。



通常のデザイントラックとの違いはローリーならではのその形状。曲面状に沿った形で施されたラッピングはデザインに立体感をもたらし、今回描かれているコンビナート群の風景にもマッチしているように思える。



「地元への思いが一番強い。担当者にも四日市のドライバーを充てた」と今回の取り組みに対して心情を語る伊井社長。今後3台まで同仕様のローリーを導入予定とのこと。



◎関連リンク→ 伊井運輸株式会社

 

システム物流 2台目のプリントトラック導入、メッセージ性のあるデザインに

【トピックス】

 

【三重】システム物流(増野宰社長、四日市市)はこのほど、プリントトラックを導入し、運行を開始した。



施工は裕進運輸(渡部裕之社長、三重郡菰野町)グループであるモバイルアドが担当し、今回で2台目の導入となる。



増野社長は安全面を含めたドライバーの意識向上や、「声をかけられる機会が多くなった」という存在感など、プリントトラックのもたらす波及効果を実感しているようで、「3台目も検討している」の言葉からは手応えのほどがうかがえる。



実車を確認すると、目に飛び込むのはハンドルを握るドライバーの手元が大きく映し出された印象的なデザイン。鮮やかな青の中に浮かぶ姿は、どこか安心感を感じさせるもので、「最初は遠慮していた担当ドライバーも、実車を見ると『乗りたい』という意識に変わった」という話からもわかるように、メッセージ性を備えたトラックには、人を動かす何かがあるようだ。



社長は同デザインについて、「ハンドルを握るということは、仕事に対して、また家族に対しても大きな責任が伴う。ドライバーにはその覚悟を持ってもらいたいということと、同時に我が社の責任感もそこには表れている」とコメント。トラックという「媒体」の持つ「発信力」にあらためて気付かされると共に、プリントトラックの奥深い可能性についても再認識させられる。



「やがては社員が誇りを持てるような会社にしたい」と語る増野社長。今回の動きと併せて社員満足度に軸足を置いた社内の環境整備を推進していく意向も示しており、「和を大切にしている」という自身の言葉の通りに、結束力を着実に強めている。



◎関連リンク→ システム物流株式会社

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア