真栄産業 3台目のデザイントラック 企業価値高め採用効果を

【トピックス】

 

 真栄産業(古田真二社長、岐阜県美濃加茂市)はこのほど、3台目のデザイントラックを導入し、運行を開始した。



 同社がデザイントラックを初導入したのは2年前。地元である美濃加茂市のPR活動がその始まりで、効果を実感した古田社長はオリジナルデザインでの導入も決断。3台目は今年の5月に追加した2台目に続いてのものとなる。



 デザインは「右肩上がりを意識した」というクールな仕上がり。ボディープリントを山本急行(山本英史社長、恵那市)が担当し、キャビンにも自社系列の整備工場(新車の納期短縮に寄与。他社からの要望にも対応)でボディーに合わせた塗装を施すことでトラック全体に一体感を演出。さらに細部にまでこだわったボディーパーツで、その存在感に磨きをかけた。



 古田社長はデザイントラックが及ぼす影響として「自社のPR」「安全意識の向上」と共に、「企業価値を高めることによる採用効果」をポイントとして指摘。ドライバーについては「適任者」を選出し、責任感と合わせて自社の看板を背負って走るという「プライド」も同時に与えることで、モチベーションの向上にもつなげている。



 また同社は「会社はドライバーファースト、ドライバーは荷主ファースト」という古田社長の考えのもと、時間をかけて労働環境の改善を図って従業員が働きやすい会社作りを推進。平均年齢は30代と若く、採用も人の紹介がほとんどという現状からも、社内の「好循環」がうかがい知れる。



 今後について古田社長は「他業種からの受け入れも視野に入れ、それを見越した環境整備が必要。ベテランの存在も大切にしながら、いかに若い力を呼び込めるかが問われる」と分析。そのためにも自社や業界のイメージ向上を図っていくべきであるという、その姿からはデザイントラックだけにとどまらない同社のさらなる未来志向な展開を予感させる。

 

するが通商と静岡ダイキュー運輸 絵画コンクール入賞作品をトラックにプリント

【トピックス】

 

【静岡】するが通商(杉本貴彦社長、焼津市)のボディプリント事業部ではこのほど、今年の「トラックの森」づくり絵画コンテストで入賞した作品を、静岡ダイキュー運輸(松永昌文社長、袋市)のトラックにプリント施工した。



静ト協(大須賀正孝支部長、ハマキョウレックス)では、周智郡森町で取り組む「トラックの森」づくり事業に併せ、同町内の5つの小学校に通う4〜6年生を対象に、身近な自然や森づくりとトラックをテーマに描く「トラックの森づくり絵画コンテスト」を開催しており、本年度は60作品の応募があった。その中から優秀な作品10点が選ばれ、最優秀賞には髙山脩真さん(飯田小学校5年)の「木は自然の宝物」が輝いた。



今回選ばれた作品は、トラックの両ウイング部分にプリント。スカイブルーを背景に、子供らの力強い作風が表現されている。



プリント施工した杉本社長は、「トラックにデザインを入れることで、周りから見られている意識から、見せる意識の運転に変化すると考えている。トラックでの悲惨な事故を減らすためにも、デザイントラックが増えれば良いなと思う」と話す。 



◎関連リンク→ 有限会社するが通商

 

優輪商事 大型車両を導入、ドライバーが興味引く車両に

【トピックス】

 

【大阪】自社のことを周囲に知ってもらうためにドライバーの品質向上だけでなく、トラックを目立たせることで、自社のアピールに努めている優輪商事(豊島優助社長、東大阪市)。



今回同社が導入した大型車両は、以前の会社名だけを大きく書いている車両とは違い、箱全体にワインレッドを使用したかなり派手な車両。会社を立ち上げて3年だが、今以上に自社のことを知ってもらうためにも今回のデザインにしている。



また、同社は若手ドライバーも多く、車好きなドライバーが運転したいと思うようなカッコいいデザインにこだわって塗装をしている。



豊島社長は「会社の宣伝になるだけでなく、車好きの人材が乗りたいと思ってもらえる車両にしている。昔のようなデコトラができない運送業界で、ドライバーが興味をひく車両にするために派手なカラーリングにしている」とし、「車両にはお金をかけ、人材が入りたいと思ってもらうだけでなく、気持ちよく働ける環境にしている」と話す。



同社長は、従来のやり方では仕事が獲得できないと考えており、現状の業界の状況を考え新たに仕事を獲得するためにも常に公道を走る車両のデザインを斬新にすることで、人材確保と新規の仕事の確保につなげる考えだ。「昔とは違い現状の時代のニーズを考え、いろんな知恵を出して積極的に斬新なことをしたい」と語る。



◎関連リンク→ 株式会社優輪商事

 

萬運輸 大型CNG車導入「地域に愛される企業に」

【トピックス】

 

【神奈川】萬運輸(東海林憲彦社長、横浜市鶴見区)は大型CNG(圧縮天然ガス)トラックを導入した。



導入されたのは、いすゞ自動車製の「ギガ CNG―MPI Gカーゴ」。自動変速トランスミッション 「スムーサーGx」を搭載、1回のガス充填で東京〜大阪間(500キロ程度)の走行を可能とする。東日本における導入第一号となった。車体には「会社を豊かにする新しい取り組み」として同社が推奨しているトラックボディーに直接印刷施工する技術「デザイントラック」によるデザインが施され、地球環境との調和が表現された。



同社がCNG車を初導入したのは約20年前。現在は横浜営業所で3台のCNG社が運行している。一般的な規格車との価格差、燃料スタンドなどのインフラ不足が最大の懸念事項だった。東海林社長は「中小企業が大型CNG車を導入する際に、この二つの課題が大きな障壁になる」と指摘。導入にあたって熟考を重ね、「導入停滞はCNG車普及の妨げとなり、地球環境の保全に寄与する機会を狭くする」との思いから導入を決めた。



11月7日には、いすゞ自動車首都圏、東京ガス協賛のもと、赤レンガ倉庫(同市中区)で披露会を挙行。会場には導入車両はもちろん、同社の「デザイントラック」車両が集結し、関東運輸局の森髙龍平自動車交通部長、環境優良車普及機構の林敏博理事長、県環境農政局環境部の加藤洋大気水質課長、東京ガスNGV事業室の森雅晶室長ら多くの来賓が列席した。



東海林社長は赤レンガ倉庫を披露の場に選んだことについて、「私たちの未来への挑戦であり、そのスタートの決意表明」とし、「来年は創業60周年。昭和、平成そして次の時代に向けて新たな門出を迎えるにあたって生まれ変わり、県民市民に愛される赤レンガ倉庫のように、次の100年を見据える思いでこの最高の場所で開催した」と説明。「当社も地域に愛される企業市民となり、社会に貢献できるよう、これからも活動していく」と力強く宣言した。



◎関連リンク→ 萬運輸株式会社

 

裕進運輸 自社初のドラコン開催、自身のレベル確認に

【トピックス】

 

【三重】「お客様の夢と命と幸せを守り、その思いを載せて目的地までの『架け橋』となる」を信念に躍進する、菰野町に本社を構える裕進運輸(渡部裕之社長)は11月11日、同社では初となるドライバーズコンテストを開催。約35人がエントリーした。



今回の開催場所となったのは親交のある、愛知県安城市にある安城自動車学校(石原聡子社長)。未来創造室の田中紀久室長を中心としたメンバーが、全面的にサポートすることで円滑に進められた。



開会のあいさつで渡部社長は、コンテスト開催の経緯や事故防止への取り組みを説明。「事故防止は、一人ひとりの意識の持ち方次第だと考える。会社としても積極的に取り組みたい」と述べた。



コンテストでは、道路交通法基礎問題の学科試験、実技では法定走行と後方感覚を養うS字のバック走行、運行前点検などをプログラム。特にS字のバック走行では、プロドライバーとして活躍する選手も難所のようで、慎重なハンドル捌きで取り組んだ。



渡部社長は「各ドライバーの技量や安全意識を改めて確認する場となった。各自が安全意識を持って、安全運転に努めてほしい」と話し、参加したドライバーは「初めての試みとなったが、自分のレベルを確認することができた」と感想を述べた。



◎関連リンク→ 有限会社裕進運輸

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア