海津運送 2台目の行政PRトラック、海津市役所で出発式

【トピックス】

 

 【岐阜】海津運送(山田琢哉社長、海津市)は8月20日、海津市役所で同社では2台目となる行政PRトラックの出発式を開催した。



 山田社長から同車両のハンドルを託されることとなった松田英明ドライバーは取材に応じ、「注目を浴びることの気恥ずかしさもあるので、最初は躊躇した」と指名を受けた際の感想を述べたが、最終的には社長の熱意に押されて承諾したとの経緯を明かすと、「任されたからにはしっかりとやりたい。身が引き締まる思い」と、新しい愛車を前にして決意を語ってくれた。



 開会にあたり、あいさつを行った松永清彦海津市長は「海津市の素晴らしいイベントの数々がトラックを通して発信されることは感激の極み」と述べて高く評価。「日本百名月、月見の森」「今尾の左義長」などの迫力ある絵柄が踊るトラックをバックに感無量といった表情を浮かべると、「山田社長には心よりの感謝を申し上げたい」と、同社に最大級の賛辞を贈った。



 それを受ける形で言葉を述べた山田社長は、2年前の初導入時の高い反響を振り返りつつ、このたびの出発式に謝意を表明し、「昨日納車されたばかりだが、とても気に入っている」と、山本急行(恵那市)が施工を行った新車両の出来栄えに言及。さらに「一市民として、一企業として地域に貢献したいとの思いで制作した。市の発展にお役立ちできれば嬉しい」と自身の心情をのぞかせると、深刻な人手不足に喘ぐ運送業界の現状に触れて「トラックが運ぶのは荷物だけではないということに気付いていただき、それが人を呼び込むきっかけとなれば」と、その効果にも期待。最後には「市のイメージを逆に下げないよう、安全はもちろんモラルやマナーの高い人間になれるように努めたい」と、山田社長らしい言葉で締めくくった。



 同車両はセレモニー終了後、松田ドライバーがコクピットへと乗り込んで参列者に見守られながら会場を出発。たくさんの視線と期待に押し出されるように動き出したトラックは、自らが背負う海津の街の中へとその姿を前進させた。



◎関連リンク→ 有限会社海津運送

 

有馬運輸 新デザインのトラックで会社のイメージを統一

【トピックス】

 

 【兵庫】有馬運輸(森上明社長、三田市)はこのほど、トラックのデザインを刷新した。森上社長は「会社のアイデンティティやイメージを統一する」と意図を語る。



 新デザインは白色が基調となっており、「出来るだけシンプルに仕上げた。品よく見えたら良いなと思っている」と話す。 



 他社のドライバーからは「車はやはり単色が一番」という声を聞き、「運転者にとって、自分の乗車するトラックが格好いいか悪いかは大事。どんな車に乗りたいかを想像した」と語る。



 特にこだわった箇所としてグリルを光らす仕様を挙げる。



 同社長は「人手不足もあり、イメージを新たにすることで、働き手が集まってくれたら」と期待を寄せる。



◎関連リンク→ 有馬運輸株式会社

 

藤原運輸商事 30周年の節目にアニバーサリー号を導入

【トピックス】

 

 【京都】藤原運輸商事(八幡市)の藤原眞吾社長は会社の30周年の節目としてアニバーサリー号を導入した。



 今までの同社の車両は、シンプルなデザインで先代の体制のイメージが残っていたが、周りの同業者に今の組織に変わったことを知ってもらうため、節目の年の特別車両としてデザインを変更している。



 藤原社長は「代表が変わり、自社の周知を進める必要がある。派手なデザインで走って、目に留まるような車両にしたいと考えて導入した」と話す。



 また、デザイン変更で人材雇用にもつなげる考えも持っている藤原社長は「車両を見て求人の問い合わせがあることも期待してデザインを変更している。今後も積極的な先行投資で売り上げを伸ばしていく」と意気込みを話す。



 さらに、コンプライアンスの順守など働き方改革に対応していくため、関東にも営業所を開設。取引先を増やしながら配送効率を上げて労働時間の短縮につなげ、売り上げが上がる仕組み・組織作りにも注力していく。



 「常に変化していける組織体制を構築し、時代のニーズに敏感に対応できるようにした。運送業は、人材と車両がないと仕事を回していけないが、その中で働きやすい環境を整えて入社したいと思ってもらえる会社にしていく」と考えを語る。



◎関連リンク→ 株式会社藤原運輸商事

 

古都 「人が少しでも来るように」目立つデザインを採用

【トピックス】

 

 【京都】トラックを目立たせることで自社のアピールに努めているのは古都(原翔社長、京都市南区)だ。



 今回、同社が導入した大型車両は箱全体にド派手なデザインを施している車両で、以前の会社名だけを大きく書いていた車両とは違っている。会社を立ち上げてまだ数年の同社だが同業他社が、目立つデザインの車両を走らせていることから、自社でも「会社名を知ってもらうチャンス」と考えて今回の導入に踏み切った。



 若手ドライバーも多く、車好きなドライバーが「運転したい」と思うようなカッコいいデザインにこだわった塗装となっている。



 また、ドライバーのステップアップにもつなげる考えでいる原社長は「会社の宣伝になるだけでなく、車好きの人材が乗りたいと思ってもらえる車両にしている。仕事をがんばってくれて前向きでやる気のある人材には、かっこいい車両が乗れる仕組みをつくった。昔のようなデコトラができない運送業界でドライバーが興味を引く車両にするために派手なカラーリングにしている」とし、「車両にはお金をかけて周りの会社に自社を知ってもらうことに加えて、人材が入ってきたいと少しでも思ってもらえるように気持ちよく働ける環境にしている」と話す。



 同社長は、デザインを斬新にすることで新規の仕事の確保にもつなげる考えで、「名前と信用を得て顧客を獲得できればと思っている。仕事を獲得できれば利益にもつながる」と述べる。イベント機材などの配送で使用し、京都の運送会社が仕事をしているとアピールする狙いだ。



◎関連リンク→ 株式会社古都

 

PRトラックの施工現場を視察 三洲陸運の鈴木社長ら

【トピックス】

 

 【愛知・三重】三洲陸運(愛知県西尾市)の鈴木正樹社長と鈴木一磨部長は8月2日、裕進運輸(渡部裕之社長、三重県三重郡)グループのモバイルアドを訪れ、山昌(田島信博社長、愛知県小牧市)の創立50周年を記念したPRトラックの施工現場を視察した。



 鈴木部長は「他社との差別化を図る取り組みを模索する中で、PRトラックに目が留まった」と今回の訪問のきっかけを語り、その活用が及ぼす様々な効果やアイデアを述べるに至っては、イメージの向上による人材確保対策への寄与にも言及。さらに地元である西尾市との連携を視野に入れた行政PRトラックの運行にも興味を示すなど、導入に対する前向きな姿勢と興味の高さをうかがわせた。



 施工の現場を預かるモバイルアドの森内格朗氏に、作業における留意点などを聞くと、「デザイン画と実物とのカラー再現がひとつのポイント。季節や天候にも左右されるため、例えばトラック側の施工面の温度を調整するなどの工夫が必要となる場合もある」と回答。やりがいに関しては「お客さんに喜んでもらえるのが何より」と笑顔を見せ、「そのためにも目の前の作業に集中することが大切」と職人としての一面も覗かせた。



 またモバイルアドで営業を担当している中橋祐一氏は、「お声がけいただければ、どこへでもうかがって魅力をお伝えしたい」とPRトラックの普及に意欲。鈴木社長はこの日の視察に際して、「やはり現場を見ることが一番」と目の前で刻々と仕上がっていく車両の様子を見つめながら感想を述べ、「以前よりも印象が良くなった」と視察の前後で変化が生じたPRトラックへの思いにも言及。猛暑日のなか滴る汗を拭いながら行った視察は、頭の中で思い描いていたイメージをより具体的な形へと導いたようだ。



◎関連リンク→ 有限会社裕進運輸

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア