丸総 ラッピングトラック出発式、地元吉田町をPR

【トピックス】

 

 【静岡】丸総(橋口智規社長、榛原郡吉田町)は6月27日、同町内の北オアシスパークでラッピングトラックの出発式を開催。会場には関係者のほか、田村典彦町長や衆議院議員の井林辰憲氏ら多くの関係者が集って盛り上がりを見せた。



 会場に姿を現したのは、吉田町にまつわるコンテンツと地元の子供らの元気な姿が生き生きと描かれたトラック3台で、施工は、するが通商(杉本貴彦社長、焼津市)と山岸運送(山岸一弥社長、島田市)が担当。式典の冒頭では橋口武俊会長と田村町長があいさつし、橋口会長は「町長の長年の尽力に恩返しがしたいと思っていたなか、今日を迎えることができた」と、町長がはぐくんできた同町のPRに大きく貢献するトラックのお披露目に充実の表情。



 田村町長は「丸総さんの取り組みに心から感謝する」との心情を述べ、勇ましく並ぶトラックを指して「吉田町そのものを表している」と評価。「(ラッピングトラックを使用した)多くの人の目に見える形での情報発信は、これまでにはなかったアイデアだ」と今年、町制70周年を迎えた町の大きな節目においても、特別な意義があると目を細めた。



 またこの日は、吉田町と丸総及び防災協力会との協定締結式も併せて実施。同社をはじめとする7社の有志会社で結成された協力会は、今後の災害時における輸送の連携や倉庫の提供、仕分けといった支援活動を行い、災害体制の充実に寄与する。式典であいさつを述べた橋口社長は、「雨だれ、石を穿つ」との言葉を用いて今回の取り組みに言及。「私ども一社だけでは限りがあることも、複数社が集まることでできることが広がる」と協力会の意義を強調すると、「指導を賜りながら進めていきたい。今日をそのスタートの日としたい」と力を込めた。



◎関連リンク→ 株式会社丸総

 

三和梱包運輸 ラッピングトラック出発式、清須市の「走る広告塔」

【トピックス】

 

 【愛知】三和梱包運輸(橋本正樹社長、清須市)はこのほど、清洲城はなのき広場でラッピングトラックの出発式を開催。トラックには「水と歴史に織りなされた安心・快適で元気な都市」とのメッセージと共に、清洲城をはじめとして織田信長公や尾張西枇杷島まつりといった清洲ならではのデザインが施され、雲一つない快晴となった青空の下で、永田純夫清須市長ら列席者と共に地元の見学者にも見守られ、県内初の行政PRトラックの出発式に相応しいシチュエーションが整った。



 司会は「ぜひやってみたかった」と、自ら手を挙げた同社の野村帆乃香さんが務め、冒頭では橋本憲佳専務があいさつ。大勢詰め掛けた来場者に向けて謝意を述べた上で、過去の災害支援に携わった実績や経験に言及し、「トラックがあればできることがある」との思いで取り組んだ数々のエピソードを紹介。「物流は人の役に立つ仕事なのだなと感じた」と当時の心境を振り返った。



 式典では同社の横井竜也氏、永田市長も続けて言葉を述べ、横井氏は今回の取り組みに対して「業界に光が当たるきっかけとなればうれしい」と発言。永田市長はラッピングトラックを高く評価した上で、「PRは課題」という観点からも波及効果に期待を寄せ、「走る広告塔として、できれば全国を走って欲しい」と笑顔を見せた。



 この日は、同社と清須市の間で締結された災害協定についても報告と目録の贈呈を実施。防災体制の整備を進めたいとする同市長は、「市としても心強い」と歓迎した。



 出発式を終えたトラックはその後、会場を後にして熱田神宮へと移動。織田信長公が桶狭間の戦いでたどった同じルートを再現しながら走行を続け、今川義元公が本陣を置いたという豊明市の高徳院ではトラックのお祓いを受け、この日のイベントを締めくくった。



 式典を終えた橋本専務は本紙の取材に対して、「思ったよりも周囲の反応が高く驚いている。我々のような物流事業者の活動がメディアなどで取り上げられることで、業界イメージの向上にも寄与できる。今後も同様の動きを進め、発信力を高めていきたい」とコメント。地元のPRと共に、たくさんの人の思いや期待を乗せた同車両は華々しいスタートを経て、荷物を運ぶその先々で印象的なその姿を、人々の心に届けている。



◎関連リンク→ 三和梱包運輸株式会社

 

F―LOOP オートボディプリント事業を新しく開始

【トピックス】

 

 【大阪】F―LOOP(田上圭一社長、大阪市住之江区)は8日、お披露目会および工場見学会を実施。同日から営業を開始した。同社はFutajimaLogiのグループ会社として5月に設立され、新設事業のオートボディプリント事業や、FutajimaLogiから引き継いだTCDS(トッラックカーゴデッキシステム)販売施工事業を展開していく。



 田上社長は「当社の見学会に多くの人に集まって頂き、感謝申し上げたい。上手く軌道にのるよう頑張っていきたい」と語った。



 当日はサイドパネルにオートボディプリントを施すなどし、参加者からは「きれいにプリントされており見栄えが良い」「インクの匂いが何とも言えない良い匂い」「人が常駐していなくても作業が進むため効率的」などの声が聞かれた。

 参加者からは同社に対し、記念の花束などが贈られた。 

 

ジェイネクスト ロジスティクス 芸大と産学連携プロジェクト

【トピックス】

 

 2016年の4月に始動したジェイネクスト ロジスティクス(山田純司社長、大阪府南河内郡太子町)と大阪芸術大学(同郡河南町)による産学連携プロジェクトの第3弾となるラッピングトラック3号車がこのほど完成した。物流をイメージした車体ラッピングのデザインを学生が制作し、自らが手掛けた作品のプレゼンテーションも経験しながら進めるコラボレーション企画。3号車も前2作と同様に直接、大型トラックのボディー3面にプリントするシステムが採用された。



 デザイナーを志望する大阪芸大デザイン科の学生らを前に昨年5月11日、プロジェクト説明会を開いてからほぼ1年を費やした。今回のコンセプトは「人と人をつなげる」「幸せを運ぶ」で、参加者は全員が女子学生という結果になった。「物流のイメージを頭に描くと、おのずとパターンが似てくるようだ」(山田社長)というが、そのなかで「従来の作品とは違った要素があり、やさしい配色もよかった」ということで採用されたのが、ボディーをマンションに見立てて描いた学生の作品。



 車体側面は左右でデザインが異なり、「運転席側はマンションの玄関風景で、宅配荷物を受け取る様子などが描かれており、助手席側は窓越しにマンションの内部が描かれ、人びとの暮らしぶりが見える」(同)と、豊かな消費生活を支える物流の役割が見事に表現されている。



 また、社長の愛犬で同社のマスコットでもある2匹のパグがさり気なくマンションの窓から顔を出しており、「HPか何かで調べたのだと思うが、これにはやられた」と大きなプラスポイントになったようだ。今回のラッピング施工も淡路共正陸運(=AKC、尾上昌史社長、兵庫県洲本市)のマーキングシステム事業部が管理する同県南あわじ市の工場が舞台となった。



 「芸大に3台を集結させてドローンを使った撮影会や、万博を控えていることもあって施工関係者からも『大阪らしい風景を入れて撮ってみたら』というアイデアをもらっている」と山田社長。「自分が考えたデザインが形になり、トラックに描かれて全国を走るというのは学生にとって貴重な経験になる、との評価を大学側からいただいている。就職活動で有利に働いているとの声もうれしい」(同)。来春の4号車製作に向け、すでに次のプロジェクトがスタートしているという。



◎関連リンク→ 株式会社ジェイネクスト ロジスティクス

 

弥生京極社 特殊トレーラを刷新、硝子輸送で国内唯一

【トピックス】

 

 硝子輸送のプロフェッショナルとして昨年、会社設立60周年を迎えた弥生京極社(佐佐木陽太社長、横浜市鶴見区)。同社の象徴とも言える車両が、大型硝子を配送する特殊トレーラだ。国内での稼働は数台のみという希少な車。硝子輸送をメインとする同社の看板として長年にわたり活躍してきた。設立60周年を迎えたことを機に同トレーラを刷新。この春には、完成した新型車両が導入された。同社のイメージカラーである鮮やかな青色の車体にはリニューアルされた会社ロゴが輝く。



 旧型のトレーラが導入されたのは25年程前。同社のメイン荷主である大手硝子メーカーが、通常の車両では運搬が困難な大型の硝子を安全に輸送することを目的とし、欧州で用いられていた同型車両の国内導入に踏み切った。同社は、その最初期から導入に協力しており、長年にわたって運行を担ってきた。



 新型車の開発にあたり、現場の立場から意見を伝えるなど全面的に協力した。新型車の導入は国内では同社が唯一となる。これまでは新型トレーラはフェイモンビル社(ベルギー)製で、日本国内の規格に適合させるための仕様変更や現場の声を反映した改良が加えられた特注品。同社では、今年度2台を導入し、将来的には計4台を運行する計画。今後のさらなる発展を目指し、硝子輸送の未来を担うため、会社のシンボルとしていく。



◎関連リンク→ 株式会社弥生京極社

 

トピックス 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア