平中サービス 多治見観光PR大型デザイントラックの出発式を実施

【トラックデザイン】

 

 「物流プロデュース」を掲げ躍進する、平中サービス(伊藤雅也社長、岐阜県多治見市)は昨年11月27日、多治見市笠原中央公民館前広場で、「災害時における緊急物資輸送等に関する協定」の締結式並びに、多治見観光PR大型デザイントラックの出発式を実施。多治見市の古川雅典市長、多治見市議会の加納洋一議長らが出席した。





 災害時における緊急物資輸送等に関する協定概要については、デザイントラックの輸送による多治見のPR効果を踏まえ、災害時に被災自治体へ支援物資を輸送することを主旨とする協定で、多治見市と同社が締結。民間事業者との緊急物資輸送を主旨とする協定は、同社が初めての事例。市内他社でも、多治見市への協定の申し出があれば、順次締結を検討するとしている。締結式では、伊藤社長と古川市長が協定書にサインを交わし、今後の連携を確認した。





 デザイントラックの出発式で伊藤社長は、同社の設立経緯や社名の由来、業務内容などを説明。今回のデザイントラックの導入について、「物流事業を通して、地域社会の豊かな未来を創造したいという思いや信条があり、何かできることはないかと考えていた。デザイントラックで多治見市の魅力を全国にPRするとともに、運送や物流の魅力と新たな可能性も発信していきたい」と力を込めた。続いて古川市長は「平常時は多治見市のPR、災害時には緊急物資を積んで現地へ運ぶことで、1つの事業で2つの効果がある。今後も2台、3台と増車していただければ」と大きな期待を寄せた。





 デザイントラックには、国宝建築物と名勝庭園として有名な虎渓山永保寺、SNSで話題のモザイクタイルミュージアム、人間国宝による美濃焼が色鮮やかに施されている。

 テープカット後に参加者が見守る中、同社のデザイントラックは多治見市の思いと、物流企業としての安全意識を積み込み、出発した。

 

真栄産業 3台目のデザイントラック 企業価値高め採用効果を

【トラックデザイン】

 

 真栄産業(古田真二社長、岐阜県美濃加茂市)はこのほど、3台目のデザイントラックを導入し、運行を開始した。



 同社がデザイントラックを初導入したのは2年前。地元である美濃加茂市のPR活動がその始まりで、効果を実感した古田社長はオリジナルデザインでの導入も決断。3台目は今年の5月に追加した2台目に続いてのものとなる。



 デザインは「右肩上がりを意識した」というクールな仕上がり。ボディープリントを山本急行(山本英史社長、恵那市)が担当し、キャビンにも自社系列の整備工場(新車の納期短縮に寄与。他社からの要望にも対応)でボディーに合わせた塗装を施すことでトラック全体に一体感を演出。さらに細部にまでこだわったボディーパーツで、その存在感に磨きをかけた。



 古田社長はデザイントラックが及ぼす影響として「自社のPR」「安全意識の向上」と共に、「企業価値を高めることによる採用効果」をポイントとして指摘。ドライバーについては「適任者」を選出し、責任感と合わせて自社の看板を背負って走るという「プライド」も同時に与えることで、モチベーションの向上にもつなげている。



 また同社は「会社はドライバーファースト、ドライバーは荷主ファースト」という古田社長の考えのもと、時間をかけて労働環境の改善を図って従業員が働きやすい会社作りを推進。平均年齢は30代と若く、採用も人の紹介がほとんどという現状からも、社内の「好循環」がうかがい知れる。



 今後について古田社長は「他業種からの受け入れも視野に入れ、それを見越した環境整備が必要。ベテランの存在も大切にしながら、いかに若い力を呼び込めるかが問われる」と分析。そのためにも自社や業界のイメージ向上を図っていくべきであるという、その姿からはデザイントラックだけにとどまらない同社のさらなる未来志向な展開を予感させる。

 

マルタケ運輸 大切な荷物包む気持ちをロゴに

【トラックデザイン】

 

【埼玉】トラック業界でも、会社のロゴに工夫を凝らす事業者が増えている。マルタケ運輸(武田功社長、草加市)のトラックを彩るロゴには、ロゴマークに「自分の家族に届ける気持ち」という言葉が添えられている。



武田社長によると、会社の前途が日の出の太陽のように明るくあってほしいという思いと、大切なお荷物をしっかりと包み込む手をモチーフとして、プロのデザイナーに依頼したという。



「一つひとつの荷物を自分の家族に届けるような気持ちで丁寧にお届けしたいという思いを込めた」というロゴは、さりげなく入るオレンジ色のラインとともに、見る者に決して派手ではない優しさを感じさせる。



◎関連リンク→ マルタケ運輸株式会社

 

浅田運輸 こどもミュージアムプロジェクトに賛同、悪印象払拭で人材確保を

【トラックデザイン】

 

【大阪】「この車両で、従業員とその家族が笑顔になってくれるだけでなく、事故を起こさせない会社として環境づくりを行う必要があると考え、導入した」と話すのは浅田運輸(枚方市)の柳本照義社長。



同社は、宮田運輸(高槻市)が取り組んでいるこどもミュージアムプロジェクトに賛同し、車両を3台導入している。



同社長は、「今まで営業をメインに仕事をしてきたが、経営者となり、会社全体を見るようになった。安全な職場を提供し、若手が安心して働ける職場、社員の家族が安心して送り出せるような企業にしたい」と考えを話す。



「事故は年々減ってきている。これからは、安全な職環境を提供する企業が人材を確保できると考えている。当社の特徴は、関係する企業や家族を巻き込んでいけるようなアットホームな部分にあると思っている。これらを生かして安全をアピールしたい」と話す。



また、「業界のイメージは『事故が多い』『仕事がきつい』『給与が安い』と良くない。家族が業界に飛び込むことを拒んでしまうという話も聞くことが多いので、業界も変わってきていることを伝えたいと思っている。イメージを変えることで、業界に飛び込んでくる人を増やせれば」とも話す。



事故を減らし、働きやすい会社を目指すために、会社としてどう変化していくべきかを考えている同社長。「事故を起こさせない雰囲気と環境づくりが経営者と管理職の仕事だと考えている。この取り組みを通じて笑顔が絶えない会社にしていきたい」と語る。



同社長は「良い雰囲気が広がることで事故も減り、今働いている社員の子供たちが将来、会社に来たいと言ってもらえる企業にしたい。これからも色々なことに挑戦していく」と語る。

 

原口商事 広川町が題材のラッピングトラック納車、地域貢献の一環

【トラックデザイン】

 

【福岡】6月29日、原口商事(原口典道社長、八女郡広川町)に3台目となる、広川町を題材としたラッピングトラックが納車された。同社の生田友見常務は「地域貢献の一環としてやらせていただいている」と話す。



今回納車されたのは「日本よ、これが広川町だ」をキャッチコピーに、町内の観光名所や名産品の写真でラッピングされている。生田常務は、制作にあたり、商工会のメンバーにも集まってもらい、どんな素材を盛り込むか話し合いを重ねた。

 

デザインを担当したマーケティングミックス(中村正隆社長、八女市)のクリエイター・中村由希子氏は「素材の選定にあたり、非常に悩んだ」という。入れて欲しいという名産品や名所が多数集まったからだ。「地元の方たちの広川町への愛情を強く感じた」と中村氏は話す。



生田常務は「これまで広川町をテーマにしたラッピングトラックを2台制作している。どれも違ったテイストのデザインにしたかった」と言う。1台目は町のゆるキャラ・広川まち子ちゃんをあしらって可愛いらしく、2台目は文字のみでクールにデザインされた。今後もまだ制作予定があり、デザインを温めているという。



この日、商工会で3台揃ってのお披露目がされ、その後町役場を経由して自社へと戻った。3台のラッピングトラックが町を移動する間、随所で町民の注目を集めていた。次のデザインにも大きな期待が寄せられる。

 

トラックデザイン 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア