神ト協 トラックデザインコンテスト、優秀作品500点を展示

【トラックデザイン】

 

 【神奈川】神ト協(吉田修一会長)は11月13日及び14日の2日間にわたり、第22回「夢を運ぶトラックデザインコンテスト」の作品展をクイーンズスクエア横浜で開催した。同コンテストはトラック輸送のイメージアップを図ることを目的に、県内在住・在学中の小学1年生から6年生までを対象として毎年開催。最優秀賞作品はトラックにラッピングされる。今年度は約2万2776通の応募があり、会場では、最優秀賞、優秀賞のほか、500点の優秀作品が展示された。



 13日には表彰式を開催。同協会の伊藤保義広報委員長のあいさつで幕を明け、県知事賞、最優秀賞、優秀賞を受賞した児童へ吉田会長から表彰状が手渡された。同会長は「ラッピングされた車は夢を乗せて、交通安全を願って日本中を走ってくれるのだろうと思います。わくわくするような思いです」と述べ、応募した児童や保護者、関係者へ向け感謝を伝えた。また、県内の交通事故死者数が全国1位となったことに触れ、ドライバー、歩行者、二輪車がお互いに注意して事故を減らしていくことを呼びかけた。



◎関連リンク→ 一般社団法人神奈川県トラック協会

 

JapanAinaExpress 4トンウイングパワーゲートハイルーフ車を導入

【トラックデザイン】

 

 【大阪】JapanAinaExpress(石井孝幸社長、門真市)は、新たに4トンウイングパワーゲートハイルーフ車を導入し営業展開をしていく。



 同社は、約4年前に会社を立ち上げ、今まで中古車で16台まで増車をしてきたが、今後のことを考え新車を増やしてきた。



 石井社長は「塗装などにこだわりを持って車両を作っている。色もライトローズマイカメタリックを使用して会社のイメージを大切にしたデザインにしている」と話す。



 また、「今後は新車に切り替えていけるようにしっかりと営業展開をしていきたい。仕事も色々な縁があり、新規案件などももらえているので今のうちに会社の基盤を固めて攻めの営業ができるようにしたい」と話し、「社員の日ごろの頑張りもあり、評価してもらえたことで仕事の依頼が貰えている」と社員への感謝の気持ちも忘れない。



 さらに、「順調に仕事を継続でき会社を成長させてもらえているのも周りの方の協力があってのこと。今後も現状に満足せず新たな仕事ができていることに感謝しながら社員一丸となって頑張っていきたい」と思いを語る。



 同社は、コロナ禍でも人との縁を大切にして仕事をしていく事で新たな仕事を確保し順調に業績を上げていけるように日々邁進している。



◎関連リンク→ Japan Aina Express有限会社

 

日東物流 トラックデザインを刷新

【トラックデザイン】

 

 【千葉】四街道市で冷凍・チルド帯の食品を中心とした運送事業を展開する日東物流(菅原拓也社長)はこのほど、事業用トラックのデザインの刷新を図るとし、2021年8月以降の新車導入分から、順次稼働させていくことを発表。



 同社では、今年4月に経営理念を改定、「ミライを、人で、つなぐ。」をスローガンに、誠実で健全な企業活動を通して、人びとと地域の確かな未来づくりへの貢献を目指している。



 また、この活動を安全・確実に行うため、働きやすい労働環境の整備や乗務員の生活安全向上に向けた取り組みを積極的に行うなど、社会の変化や業界の課題に柔軟に対応している。



 新しい事業用トラックのデザインは、車体全体を真っ白にペイントした上に、コーポレートロゴのみを配したシンプルなものとなっており、今回のデザイン刷新について、同社では、「誠実・健全な事業姿勢とプライド、そして安全や清潔、健康への強いこだわりを表現した」としている。



 菅原社長は、「私たち物流会社と社会との直接的な接点である〝トラック〟とは、私たちの事業活動や理念を社会にお伝えする、〝コミュニケーションツール〟のひとつ」だとし、「今回のデザイン刷新は、これまで以上に、安全に、誠実に、人びとの生活を支えていくことをお約束する、社会へのコミットメントであると考えている」と話している。



◎関連リンク→ 株式会社日東物流

 

倉田運送 初のデザイントラック、アニバーサリー号導入

【トラックデザイン】

 

 【大阪】2トン車や冷凍車などを保有し、多種多様の顧客のニーズに対応できるように配送を手掛ける倉田運送(倉田稔明社長、東大阪市)は、今回大型低床ウイング車をアニバーサリー号として導入した。



 同社は、創業30年を迎え、初めてデザイントラックを導入した。倉田社長は、「会社を始めた当初は、お金もなく新車などなかなか入れることができなかっただけでなく、車両にこだわりもなく車両にお金をかけてこなかった。最近色々な経営者と話すようになって、どこにお金をかけていかないといけないかを考えさせられ、デザインを刷新して導入することを決めた」と経緯を話す。



 車両には、会社のロゴである鷹のイメージと太陽と月をイメージしたロゴデザインを側面に大きくデザインされており、「ロゴのイメージは、太陽と月で24時間・365日を表し、鷹は素早く正確に荷物を運ぶという意味を込めてデザインしている」と説明する。



 また、「人材雇用が難しい業界で少しでも色々な人が見て会社に募集をしてくれることを願ってカッコいいデザインにしているので反響があればなおさら導入したかいがある」と話す。



◎関連リンク→ 有限会社倉田運送

 

千里カーゴサービス ロゴ掲載のラッピング車導入

【トラックデザイン】

 

食品や雑貨輸送を展開する千里カーゴサービス(固本秀徳社長、大阪市此花区)は6月末に本社を移転した。また、大型4軸低床ウィング車1台と2トン冷凍車2台を同社のイメージカラーであるエメラルドグリーン色にし、ボディーには同社のロゴマークを大きく描いた。



固本社長は「当社のロゴである紫色の手とエメラルドグリーンの手は、人と人をつなぐ意味を込めている。手と手の間にあるのは、千里カーゴの頭文字の『S』。ボディーには社名をローマ字で掲載し、その下には当社の活動や取り組み、荷主企業へのサービスなどを発信しているホームページのアドレスも記載している」と説明。「今後も愛される会社として、全社員で力を合わせて事業発展に努めていきたい」と語る。 



同社では、若手ドライバーや女性ドライバーも次々と入社しており、今後さらに事業を大きく発展していくことが期待される。



◎関連リンク→ 株式会社千里カーゴサービス

 

トラックデザイン 最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア