藤森運輸 環境優先で事業拡大、「SDGs」も参画

 創業の地である岡山県倉敷市の児島地域とともに事業を拡大、歩みを進めてきた藤森運輸(藤森元則社長)。トラック輸送を柱に倉庫、構内作業などトータルな物流サービスを提供する一方、市有林の保全に向けた協定を同市と締結して2011年から広葉樹の刈りすかし、遊歩道を整備する「ふじの森」づくりを進めるなど社会貢献活動にも積極的に取り組んできた。



 最近では、「税に関する絵はがきコンクール」(公社・児島法人会)の優秀作品で、2018年度の全法連女連協会長賞に輝いた地元・赤崎小の児童の作品をトラックの両サイドにラッピング(写真)。昨年末の新車出発式には同法人会の関係者のほか、児島税務署長らも駆けつけた。なお、同社ではほかにも倉敷周辺の観光PR用など、これまでに数々のラッピング車両を製作してきた。



 一方、貧困・飢餓の撲滅や環境保全、質の高い教育の提供など17の分野で掲げられたテーマを2030年までに達成することをめざし、2015年の国連サミットで採択された「SDGs」(持続可能な開発目標)の取り組みに企業として参画。ふじの森活動をはじめ低公害車の導入、営業所や倉庫でのLED照明、太陽光発電パネルの設置、グリーン経営の認証取得など環境に配慮した事業を推進。そうした取り組みが外務省に評価され、ジャパンロゴマークの使用が許可されている。



 数年前からは不規則なトラックドライバーの就業形態、長時間労働を解消する一策として中継輸送も実施する同社。こうした一連の取り組みについて「物流を通して地域社会に貢献し、社会的責任を果たすことで、持続可能な明るい未来をお客様・地域・社員とともに築いていくことに挑戦していきたい」(藤森大輔常務)と話している。



◎関連リンク→ 藤森運輸株式会社

 
【トピックス】

2020年4月 1日

 

ラッキーリバー デザイントラック、全面を最大活用

 【京都】トラック車両のデザインなどを手がけるラッキーリバー(八幡市)は、トラックの側面を最大に活用したデザイントラックを新たに施工した。





 同社は、昨年5月にボディープリンターを導入。その良さをPRして順調に顧客を増やしている。現在、箱にロゴや社名をデザインできる看板を提案をし、導入したオートボディープリンターの使用で、より低コストなサービスで顧客ニーズに対応できる設備を整えた。





 今までデザインしてきたトラックは、箱の端の部分までデザインを施していなかったため、アルミの色が残っていたが、今回からは、その部分にも塗装を行い、より広い面積の有効活用が可能となった。

”ラッキーリバー デザイントラック、全面を最大活用”の続きを読む
 
 

藤原運輸商事 新デザインの車両導入、会社の周知や求人に期待

 【京都】藤原運輸商事(八幡市)の3代目・藤原眞吾社長は会社の周知を図るため、新たなデザインの新車を導入した。



 同社長は約1年前に社長に就任し、今までのシンプルなデザインからイメージを変え会社の周知を図り、ドライバー不足などに対応していく考えだ。



 藤原社長は「先代の体制から今の組織に変わったこともあり、会社のイメージを変えるためにデザインを変更した」とし、「社長が変わったことも周りの会社の方に知ってもらえるようにしたい」と話す。



 また、30周年という節目の年でもあり、同車両以外にも30周年アニバーサリー号を2台導入している。藤原社長は「車両を見て、求人の問い合わせが来ることも期待している。今後も積極的な先行投資で売り上げを伸ばしていく」と意気込みを話す。



 さらに、コンプライアンスなど働き方改革にも対応していくため、関東にも営業所を開設し、今後は取引先を増やしながら労働時間の短縮を図り、売り上げが上がる仕組みや組織作りにも注力していく。「常に変化していかなければならない。運送業は、人材と車両がないと仕事を回していけない。そのために働きやすい環境を整えて、入社したいと思ってもらえる会社にしていく」と語った。



◎関連リンク→ 藤原運輸商事株式会社

 
 
 

最新ニュース

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア