大勝 スカニア2台導入、社内教育や人材採用にも効果

【トピックス】

 

 【北海道】大勝(生川勝則社長、千歳市)は、スカニアの大型車を2台導入した。上級グレードRシリーズの「R410」を新車で購入し、1台目は5月31日、2代目は6月28日にそれぞれ納車した。生川社長は「1台目をおよそ1か月間運行したが、燃費がリッター4.7kmと4トン車並み。驚くほど燃費が良くて驚いている。車両の価格は国産車より高いが、今後、故障の発生状況や整備時の対応などに問題がなければ、さらに導入していきたい」としている。



 車検等で取引があった道内唯一のスカニアディーラーの滝川自工(札幌市白石区)から、増車にあわせて購入。「同モデルの単車は現状、道内で4台のみ。道内ではまだスカニアは出始めなので、注目も大きい」(同社長)という。



 ドライバーは固定とし、安全運転の状況や、勤務態度が優れているドライバーを専属にすると事前にアナウンスした。「スカニアに乗りたいドライバーは今後、こういったことにより気をつけるようになるので、社内教育の側面もある。また、『大勝に行けば、スカニアに乗れる可能性がある』という人材採用への効果も見込める」としている。



◎関連リンク→ 有限会社大勝

 

最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア