井ノ瀬運送 創業60年を機に車体デザインをモデルチェンジ

【トピックス】

 

 【埼玉】井ノ瀬運送(井ノ瀬広和社長、熊谷市)は今期、創業60周年を迎えるのを受け、車体のデザインをモデルチェンジする。



 同社は昭和37年、井ノ瀬社長の祖父である広哉氏によってトラック3台でスタートした。



 平成2年にバトンを引き継いだ喜一現会長の下で事業は拡大路線に入り、現在、保有トラックはグループ含め320台まで増えている。



 同社を象徴する花柄デザインは、同8年に導入し、それ以来、保有する全トラックにプリントされてきた。



 今回は、26年ぶりのモデルチェンジとなるが、同社のコンセプトである花柄はそのままに、ダイナミックなデザインとなっている。



 同社では今回のモデルチェンジで3種類のデザインを準備。今後、導入するトラックへ順次プリントしていく。



◎関連リンク→ 株式会社井ノ瀬運送

 

最新ニュース

 

オートボディプリンター
保有企業一覧

MapOver1 MapOver1 MapOver2 MapOver3 MapOver4 MapOver5 MapOver5 MapOver5 MapOver5

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア

 

ボディ広告枠
提供企業一覧

MapOver1_sec MapOver1_sec MapOver2_sec MapOver3_sec MapOver4_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec MapOver5_sec

 北海道・東北エリア

 関東エリア

 北陸・東海エリア

 関西エリア

 中国・四国・九州エリア